売れてる本に学ぶ。チラシコピーライティング⑥

本日も売れてる本の広告からチラシのヒントを
探っていきましょう。



身近な人が亡くなった後の
手続きのすべて

単純明快で良いコピーだと思います。

顕在意識だけではなく
潜在意識や無意識にも語りかけてきますね。

「うちの親そろそろ危ないかも…」と顕在意識で思っている方には
アンテナがピンと立っているので反応せずにはいられないですし

人の死は誰もがよけて通れないことなので
意識していなくても潜在意識・無意識で感じていることだと思います。

備えておきたい安心の一冊

備えておきたい安心の○○
知っておきたい安心の○○

安心の○○

使えそうです。

読者からの感謝の声続々!

・急に身内が亡くなり、この手の本が必要だった。
ほんとに知りたいことのすべてがわかりやすく明記されており、
この1冊でずいぶん知識が増えて心強い思いです65歳女性

家族の手を煩わせないようにしたい。その一心で購入。
生前できることをしておきたいと思います。89歳男性

・子供たちが集まる機会にこの本のおかげでいろいろ話ができた。
いざという時に慌てないようにしたい。何だか安心できた。81歳女性

・夫が亡くなり、大変役立った。司法書士、税理士に対応できる知識
ができ、重用している73歳女性

強いて言えば
40~50代の子供からの目線の声もあったら良かったと思います。

手続き・届け出チェックリストつき!

「要点だけすぐ知りたい。」って方も数多くのいるので
チェックリスト・チェックシートは喜ばれます。

期限に間に合うよう、二度手間にならないよう、様々な手続きを
わかりやすく整理しました。いつまでに何をしなければならないか
手続きの流れをしっかりわかります。いざという時に途方に暮れる
ことがないよう、てもとにおいておきたい、あなたのお役に立てる
一冊です。

このような解説的な文言を広告に載せるケースは少ないのですが
顕在意識のアンテナが立っている人が多いケースには有効だと思います。

さて

弁護士や司法書士、税理士や行政書士または葬儀屋さんの皆様
銀行や証券会社、保険会社、ファイナンシャルプランナーの皆様

実際に私が読んだわけではないのですが
あなたのチラシのヒントやアイデアが見つかる可能性が高いのでは
ないでしょうか?

大きな声では言えませんが、パクれる部分がたくさんある気がします。

一般的な手続きの流れを簡単なチェックシートにまとめてチラシを配ったら
喜ばれると思います。詳しくは 小冊子プレゼント(PDFでプレゼント)とか
にも繋がります。

なにより
知識や情報を得ることでヒントやアイデアが浮かべば
行動したくなります。

「なるほど、知らなかった。」となれば

人に伝えたくなります

チラシを作りたくなる可能性が高まると思います。

ピンときた方は

まずは本屋に立ち読みに行くか、ネットで購入するか
行動に移す事をおすすめします。

本日は以上です。