そっちじゃなくて、こっちチラシ。

駅の自販機に目が行った商品がありました。

こちら



ピンク・ジンジャー。

カクテルでありそうなネーミングですね。

「買ってみようかな」って思ったのですが、

やめました。

理由は

「なんだ。紅ショウガか…」です。

ピンクジンジャーって言葉を見て
私の頭の中に浮かんだことは

「なんかしゃれているし、ピンクって何だろう?新種?」
「桃が入っているのかな?」
「桃とジンジャーエル?有りかもしれない。」
「どんな味だろう?」

と思ったのですが、

ピンクの正体は紅ショウガと

答えが書いてあったことで。

一瞬のうちに興味が無くなりました。

さて、あなたならどうでしょう?

私の行動パターンだと

ネーミングに魅かれて買ってみる。

まずは飲んでみる。

その後に成分表示を見る。


「へえ~紅ショウガなんだ」「なんだ紅ショウガか」ってなり

で、飲んだ感想

「意外とイケる」か「イマイチ」の判断になると思います。

こっちの方が楽しくないですか?

まあ、成分が先に気になるって方もいると思いますが、

そういった方はもともとすぐに行動に移さないタイプ3なので

※イノベーター理論(モノが普及していく段階)でいう

1、新しいモノを好んで採用する層 2.5%
2、流行に敏感で、情報収集を好んで行う層 13.5%
3、比較的慎重、平均よりも早く採用する層 34%
4、比較的懐疑的、周囲が大多数で採用する層 34%
5、流行に興味が薄い。常識的になるまで動かない層 16%

新商品を売るなら 1,2の層を狙って

新しい物好きを「煽る」仕掛けとして

ピンク色の正体は、買ってからのお楽しみ。

にした方が良かったと思います。

私の妄想では

「答えは載せるべきだ!」「いや載せない方が良いと思う」と
紅ショウガをアピールするかしないのか?
会議で熱く論議された。



商品開発に関わった人の中に
牛丼に紅ショウガをてんこ盛りにするような
無類の紅しょうが好きがいて
しかもその人が権力も持っていた…

です。(笑)

※ちなみに私は牛丼に紅ショウガをてんこ盛りにはしませんが
ミートソースやナポリタンには粉チーズを沢山かけたい派です。

ピンク・ジンジャーエールが
売れているかどうかは知りませんが

成分表示にのみに紅ショウガを載せていたら

どうなったのか?
ちょっと気になるところです。

さて

どっちがいいのか?

判らない…悩む。

ってケースはあなたもあると思います。

チラシを使えば答えは出ます。

両方作ってみればいいのです。

どっちが反響が取れるか?
市場に聴くことができます。

それと

自分では良くできたチラシだと思っていても
反響が取れないこともあります。

へこむことでしょう。

1回であきらめてしまう方は
本当に多いです。

ただ

ほんのちょっとの言葉のニュアンスを変えるだけで
反響が取れるチラシに変わるケースもございます。

イケると思って始めた

あなたのご商売。

お客さんになる人は100人に1はいるはずなんです。

問題は

知らないだけ。

ちゃんと伝わってないだけなんです。

チラシでできるんです。

まずは紙とペンを用意して
手書きでチラシを作ってみてください。

出来上がったら、

コチラへどうぞ⇒初回無料メール相談
※下書き状態で構いませんよ!