反響が出そうな広告を解説してみた。

チラシではないのですが

電車のドアのガラスに貼ってあった広告が
気になりました。

こちら



「おーなかなかやるな!」と感じたでしょうか?

イライラ性敏感肌?
おそらくメーカー側の造語だと思います。

敏感肌だけではなく、ストレスがかかることは
ほとんどすべてがイライラに繋がりますからね。

まあ、こういった考え方をする人には全く反応は
取れないと思いますが…

「私のことかも?」と気になる方はけっこういると思います。

イライラって

ひとりっきりでするのは問題ないのですが、
イライラすることで周りに迷惑がかかったり、
嫌な空気になったり、ケンカのもとにもなったりします。



イライラが収まったら

「なんであんなこと言ってしまったんだろう」と自分の言動を後悔したり、
「私ってもしかしたら性格悪い?」と自己嫌悪したりします。

イライラする=感情をコントロールできない。

なのですが

イライラの原因が特定できれば
イライラするのは自分のせいではなく、「○○のせい。」と楽になれる。
誰もが心の中で思っていることかもしれません。

「私の敏感肌はイライラ性敏感肌かも?」

「いやきっとそうだ!」

となってしまえば、

「じゃあどうすればいいの?」「もっと知りたい!」

となります。



「イライラ性敏感肌」とスマホで検索。

造語なのでもちろんメーカーのページが
一番上に出てきます。

それってイライラ性敏感肌かも?とチェック項目があるので
見ずにはいられません(笑)広告を打つ側の思い描いた通りになります。

 

それともう一つ

「知ってる?」これもいいですね。

「知ってますか?」「ご存知ですか?」ではなく

タメ語で「知ってる?」です。

これって使い方は意外と難しいですよね?

あなたの周りにも、年下でもタメ語を使う人はいることでしょう?

で 大きく2つに分かれますよね?

1、タメ語で話されてもまったく気にならない人
2、ちょっとむかつく人。

おそらく、「キャラクター次第」なのではないでしょうか?

イケメンの王子様風のキャラからなら

逆にタメ語の方が親近感が沸いてうれしい女子は多い事でしょう(笑)

 

キャッチコピーの基本

「多くの人が抱えているだろう」という悩みを
「私のことだ!」「私もそうかも?」と思わせ、

「で、どうすればいい?」「詳しく知りたい!」と
行動に移させる仕掛けがうまくできていますね。

参考まで

 

きっと

あなたもチラシでできますよ!

一緒に考えましょう

こちらからどうぞ⇒ 初回無料メール相談