キャッチコピーが浮かぶ方法とは?



60代 階段がつらい。

70代 走るのが気持ちいい。

あいかわずサントリーはキャッチコピーが上手ですね。

ただ
あなたのチラシのキャッチコピーの参考になるかと言えば…
どうでしょう?

なるかもしれませんが、
そうではない方の方が多いのかもしれません。

なかなか良いキャッチコピーが思いつかないって方は
多いのではないでしょうか?

今回は
キャッチコピーが簡単に浮かぶ方法を書いてみます。

まずやって欲しいことは3つに分けて考えること。

①チラシを見て最終的にどう行動して欲しいのか?を決める。
「商品・サービスを売ること。」と思ったかもしれませんが
チラシで「買ってください。」と言っても
ほぼ買ってもらうことはできません。

私がよく言う
料金表やメニュー表にしか見えないチラシは
まさにコレです。

チラシでは
最初の一歩を踏み出してもらうことを重点的に考えましょう。
そうすることで反響は出やすくなり、

反響がでれば

・モチベーションに繋がります。
・お客さんの声が聴けます。
・次のチラシのアイデアが浮かびます。

そのために
集客商品を考えてください。

・プレゼント
・無料相談
・低価格商品・サービス
など

集客商品がなければ
ご気軽に問い合わせ下さい・ご来店お待ちしております。
でも大丈夫です。

②アピールする文章を考える。
最も重要なことは「想像してもらうこと。」

その商品・サービスを手にすることで
どうなれるのか?

「○○になれるかもしれない」
「○○が解消するかもしれない。」
と想像してもらうことができるかどうか?
で大きく反響が変わります。

補足として
事例・口コミ・お客さんの声・証明・プロフィール
期間限定・人数限定・地域限定 など

③キャッチコピーを考える。
チラシにおけるキャッチコピーの役割は
まずは、キャッチコピーを見てもらい、興味を引き、
次の文章を読んでもらうこと。

商品・サービスを売るためのものではなく
いかにチラシに目を通してもらうか。ってことです。

キャチコピーの基本は

不安を煽る
「○○に困っていないですか?」

恐怖を煽る
「知ってましたか?このままでは○○になるかもしれません。」

欲望を煽る
「○○になれたらいいと思いませんか?」

同調現象を煽る。
「みんな○○してますよ。」



「私のことだ」と同意を得ることができれば
キャッチコピーの役割は終了です。

「私のことだ」と思わせるのが重要です。

大切なことなのでもう一度言います

私のことだと思わせるのが重要です。

そのためには
ターゲットを絞ること。

なるべく具体的にターゲットを絞ることをおすすめします。
具体的にターゲットを絞ることで「私のことだ」となる可能性が上がります。

それと
経験することで解ることなのですが、
ターゲットを絞ってチラシを作ったのに
「自分が想像していた人物像と違った反響が結構出たりします。」

「私のこととちょっと違うけど、私の場合だとどうなんだろ?」
「こんなケースはどうなんだろ?」
「こんなことは対応できるのか?」
「○○に応用はきくのか?」
と、気になってしまう方はけっこういます。

こういった反応が取れれば、
今度は「その人用のチラシ」を作ればもっと反響が出たりします。

長くなってしまったのでまとめます。

①チラシを見た方に、まずはどう行動して欲しいか決める。
②行動してもらうためのアピール文章を考える。
③アピール文章からどんな人なら喜んでもらえるか?ターゲットを決めて
キャッチコピーを考える。

3つに分けて考えることでキャッチコピーは浮かびやすくなります。
ぜひやってみてください。

出来上がったら私に見せてください。
下書きの状態でかまわないので送ってくださいね。

コチラへ⇒ 初回無料メール相談

私だったらどんなキャッチコピーにするかお答えします。
どっちがいいキャッチコピーが浮かぶか?
勝負です(笑)