売れてる本に学ぶ。チラシコピーライティング④


本日はこちら
4冊まとめての広告です。








この広告を見て
「なるほどそんなことも考えているんだ。」
と気がついた点があるのですがあなたはわかりますか?
答えは後程 ちょっと考えてみてください。




メインの広告は




仕事は「段取りとスケジュール」で
9割決まる




発売 即 重版決定!
時間に追われない働き方を手に入れろ!




今どきの「ダンドリ術」はアナログに頼らない!
・アタマの切り替えを減らす
・仕事のスケジュールを組むための「仕分け術」
・振り回されない「コントロール術」
・時間効率を上げる「ちりつも力」
・時間は金よりケチって使え!




段取りがやっぱり大切。

スケジュール管理が大事

と思っている方には反応が取れそうです。




○○は「○○と○○」で9割決まる!




このキャッチコピーは使い勝手がよさそうですね。




私的には

まずは知ってもらうこと。が大事で




商売は「信用と信頼」で9割決まる!

って感じです。




それともうひとつ気になったのが
「ちりつも力」




書籍って

新しい言語を使っているのを多く見かけます。




「草食男子」は有名ですよね。

ファッション誌からは「抜け感」「こなれ感」

こういった新しい言語を編集者などが作っています。




意味がよくわからない言葉もありますが

「ちりつも力」はなかなではないでしょうか?

チラシに応用できるかは微妙ですが




さて先程の答えです




残りの3冊を合わせると

すべての年齢層を対象にする作りになっています




60代から楽しくはじめる「株」1年生は

60代以上




身近にあふれる「男と女の心理学」が3時間でわかる本は

恋愛に悩む10代~30代が対象ですよね?




小学6年分の算数が3ステップで面白いほど身につく本

これはおそらく小学生の子供がいる親がターゲットですので20~40代




でメインの

仕事は「段取りとスケジュール」で9割決まるは

ほぼすべての年齢層ですね




キャッチコピーのひな型




○○代から楽しくはじめる○○1年生
身近にあふれる○○が○○でわかる○○
○○分の○○が○○で面白いほど身につく○○




楽しくはじめる○○

身近にあふれる○○

面白いほど身につく○○




イメージしやすい言葉を使っていますね。

参考になるのではないでしょうか?




本日は以上です。