売れてる本に学ぶ。チラシコピーライティング①

前回の記事で

反響の出るチラシはセンスではない。

如何に、「どうすればお客さんに喜んでもらえるのか」を
考えてチラシを作り、
あとは数稽古でセンスがなくても反響が出るチラシは作れる。

と書いたのですが

センスも,もちろんあった方がいいのは確かです。

新聞の紙面広告で

グッドデザインカンパニー代表の水野学氏著書

「センスは知識から始まる。」のブレットで

センスは才能ではない。と書いていました。

こちら



この方「くまモン」の生みの親で数々のヒット商品を手掛けているそうです。

この本の帯は

阿川佐和子さんが書いており

内容は

「センスって、こんなにわかりやすくて、
論理的で、面白いモノだったんだ。
もう、早く教えてよ、水野さんたら。」

その他のブレットを書き起こしてみると

・クチコミで広まりロングセラー7万部突破!
・センスを養う「知識」を増やすコツ
・新しいひらめきより、過去に学ぶ
・相手の専門性に合わせて、話を聞く
・日常の当り前を外し、思い込みを捨てる。
・書店を5分で一周して、「気になる」を探る。

「仕事に役立つ!」との声、続々!!

・営業や事務など職種を問わず、必読(40代女性)
・読み手に響く、企画書作りの役に立った。(30代男性)
・会議で、提案が通りやすくなった。(30代男性)

読んでみたいと感じる方も多いのではないでしょうか?



さて

売れてる本って何が優れていると思いますか?

もちろん本質的には中身が大事なのですが

読んでみないと面白いかどうか?
ためになるかどうか?
役に立つかどうか?

わからないですよね?

まずは手に取っってもらわなければなりません。

そのためにいろんな仕掛けがしてあったりします。
手に取ってもらうために必死になって
タイトルや説明文や帯やデザインを考えています。

その一言一言の言葉に対する反応の仕方は、人それぞれ千差万別。

その中で売れる本というのは

今の時代にあった
多くの人が反応する言葉やデザインを使っている。

ということになります。

これって

チラシ作りのヒントになるはずです。

新聞の広告で目に付いた書籍の広告を
これからちょいちょい解説していきますので

一緒に勉強していきましょう!

数稽古することできっと
チラシのセンスが磨かれるはずです。

あなたも新聞を購読しているなら書籍の広告に目を通してみてください。

本屋に立ち寄れる時間があったら
平積みになっている本を手に取っとって研究してみてください。

あなたのチラシ作りにきっと役立つはずです。