チラシの最初はぜひ

「OKY」という言葉ご存知でしょうか?

海外(特にアジア)で働く日本企業駐在員の現場の意見が、 変貌振りの速さが、理解されず、意思決定が遅くライバルの海外企業に 負けてしまう現状から生まれた言葉で

「おまえ、ここに来て、やってみろ」の頭文字をとった言葉だそうです。

現場を知る。                                                                                                                      なんの商売でも重要視しなくてはいけないのではないでしょうか?

ここでひとつ ブログに頂いたメッセージを紹介します。

———————————————————–

いつもブログ拝見させて頂いてます^_^

私は芦屋で今年8月にバリニーズスパをオープンしました前田です。

反響の出るチラシをブログで勉強させて頂き実践しております …

少しずつですが約2500枚ほど配り終えた所です…なななんと!

500枚に一件の割合でご予約頂いてます、本当に有難うございました。

機会があれば一度お話ししてみたいな?なんて思っています?

有難うございました。これからもよろしくお願いします\(^o^)/

———————————————————————-

この方は相談なしで実践して結果がでたようです。

来月からは業者を使いポスティングを行なうそうです。

今回お話させていただくことは

チラシを作り自分で配らず最初から、業者を使う。はおすすめしません。ということ

「現場を知る」これをやっておかないと

「本当の反響率」を掴むことができません。

自分で配ることで、結果が思うようにでなくても

チラシが悪かったのか?ポスティングの仕方が悪かったのか?

気づくことができます。

値段の安いところを選んでポスティングを依頼すると                                                            結果が良くても悪くても 「本当の反響率」を掴むことができません。

自分で配ることで、                                                                                                             どこのマンションは入れられて、どこのマンションは入れられないとか                                    1時間で何枚ぐらい配れるエリアなのかとか                                                                       問い合わせをもらった人は、どんなところに住み、どうゆう人なのか?

そうゆう人は何処に多く住んでいるのか?がわかってきます。

それと、大事なことは

現場を知ることで、ポスティング会社の営業マンとの会話から 「ちゃんとしているのか?」「いい加減なことを言っているのか?」すぐに分かります。

残念なことに「いい加減な仕事」をする業者は数多く存在します。

それを防ぐには、現場を知ること。

「OKY」ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。