安くて売れてる。高くても売れてる。共通点とは?

「カナダグース」ってご存知でしょうか?

ダウンジャケットが主力のブランドで
アパレル不況と言われる中、10万円前後もする商品が
今、若者の間で飛ぶように売れているそうです。
ちなみにうちの娘も着ています(笑)

何やら
北極圏の環境に耐える程の
世界屈指の保温性があるそうです。

日本での販売代理店は
「サザビーリーグ。」

ご存知ではない方が多いと思いますが
「スターバックス」を日本に定着させた実績がある会社です。
今回もブランドイメージをうまく高められたようですね。

さて

保温性に対する技術力

日本のメーカーも
負けていないはずです。たぶん。

ファッションのことはよくわかりませんが
私が見た限りですと

「ありきたりなデザイン」に見えます。

・保温性はカナダグースと同レベル。
・デザイン性も優れている。
・しかも安い

探せばありそうですよね。

現時点では「流行り」があるので
太刀打ちできないと思いますが

・保温性はカナダグースと同レベル。
・デザイン性も優れている。
・しかも安い

ってことを上手くアピールしたり

・売れっ子モデルなどからのステマ。を使ったりすれば
来年、再来年には勝負できるのではないでしょうか?

かたや

安さを前面に出している
ユニクロ・しまむら。
いずれも過去最高の収益を上げているとのこと。

両極端な価格帯の商品ですが

共通点がありました。

機能性と価値観。

です。

カナダグースには

世界屈指の保湿性という機能性。
流行を先取りするという価値観。

ユニクロには

軽い・あったかい・楽(らく)などの機能性
安くても「そこそこ」という価値観があります。

さて

あなたが扱っている商品・サービスでは

機能性と価値観は備わっているでしょうか?

そんなことを言われても

「パッと思いつかない。」

って方がほとんどだと思いますので
こんな風に考えてはいかがでしょう?

あなたが扱っている商品を得る。
そのサービスを受けることで
どうなれるのか?

もっと大事なのが
その商品を得る・そのサービスを受けることで
「どうなった自分を想像」してもらえるのか?

この部分をうまくアピールすることが出来れば

知ってるつもりで実は知らなかった
気がついていない商品・サービスのメリット(機能性)や
あなたの価値を知ってもらえることになります。

その商品・サービスでどうなれるのか?

どんな人なら喜んでもらえるのか?

「行ける。」と思って始めたご商売
価値観が合う方は必ずいます。

いまいち上手くいっていないのは

「知らない。」

ってことが大きな原因です。

・どこにあるか知らない。
・どんな人がやっているか知らない。
・商品・サービスの良さを知らない。

チラシをポスティングすれば

どこにあるか?知ってもらう事が出来ます。

どんな人がやっているか?知ってもらうことが出来ます。

そして

その商品・サービスの良さ(価値)
を知ってもらうことが出来るんです。

チラシ・エフェクト

日経 MJ 17年度番付の東の横綱は

「アマゾンエフェクト」になりました。

アメリカ玩具大手「トイザらス」の破綻や
衣料品大手「GAP」の経営不振の大きな原因と言われています。

もちろん
アマゾンの影響は大きかったと思いますが
何でもかんでも「アマゾンのせい」というのは
どうかと思います。

GAPに関して言えば

「売れすぎてしまった。」のがいけなかったんだと
思っています。

今から20年ぐらい前
「おしゃれで安い。」ってことで
GAPの服を着ている人は街中にあふれていました。
犬が着ているのも見た気がします(笑)

誰もが持ってる服となると「おしゃれ感」はなくなります。
そうなると逆に「ダサい」となり、誰も着なくなった…
これが一番の原因なのではないでしょうか?

一世を風靡した
芸人・アーチスト・小説家。
次が続かなくて消えていく、忘れられてしまう人
と似ている気がします。

かたやアマゾンに反旗を翻したユニクロ。

GAPのビジネスモデルを参考にしたと言われています。

ユニクロとGAPの大きな違いは

あったかい・軽い・楽(らく)・涼しいなどの
「機能性を重視」したことです。

面白いことに

ファッションを気にしない人には外出用にもなっていますし

ファッションを気にする人には
近所の買い物用「サンダル感覚」になっています。

「下着を脱ぐ」ことがなければ見られることがない
ヒートテックなどのインナーは重宝しているのではないでしょうか(笑)

もし

GAPと同じように胸に大きく「UNIQLO」のロゴを付けていたら
今頃、すたれていたかもしれません。

言われなければ、
ユニクロだかどうかわからない。
だから売れている。

最初っから柳井さんはこんなことを
考えていたのなら、すごい人ですね。

続いて

「トイザらス」

アマゾンの影響はGAPより大きかったと思います。

結果論になってしまいますが

「方向性をミスった。」「ターゲットを間違えた」
のが原因ではないでしょうか?

おもちゃはネットで買う物
店に行って買うよりもネットで買う人の方が
圧倒的に多くなってしまい、破綻に追い込まれてしまったのですが

実際にネットでおもちゃを買っているのは「親」

でも

おもちゃを買うのは親だけではないですよね?
海外ではどうかわかりませんが
日本で言えば、金融資産は60代以上の方が多いです。

しかも

「孫に対しては財布の紐はゆるゆるになってしまいます。」

ターゲットを親ではなく祖父母にしていたら
トイザらスは破綻を免れたかもしれません。

いやいや

いずれ高齢者もネット通販が主流になるのでは?
と思った方もいると思います。

物に関してはそうなることでしょう。

しかし

祖父母にとって

おもちゃは「モノ」ではなく「コト」

おじいちゃんありがとう
おばあちゃんありがとう

孫の喜んでいる顔が見たいんです。
孫の笑顔が見たいため、一緒に楽しむために

財布の紐が緩むんです。

高齢者がターゲットの
孫とも楽しめるアミューズメントパーク。

あってもいいと思いませんか?

さて

あなたがどんなご商売をしているのかは
わかりませんが

高齢者をターゲットにする
商品・サービスはありませんか?

・孫が喜ぶ商品

・孫と一緒に楽しむサービス

・孫に好かれる方法

など

何かできないか?ぜひ考えてみてくださいね。

アイデアが浮かんだらチラシポスティング
世間に受け入れられるかどうか検証しましょう。

中途半端な立ち位置から抜け出す方法

先日の新聞に

「モス苦戦」という記事が出ていました。

最高益を見込むマクドナルドに大きく水をあけられ
背中が見えない状況とのこと。

原因は

高くも安くもない中途半端な価格帯。

鶏肉偽装問題からの回復した
お手頃価格が売りのマックだけでなく、

「シェイクシャック」などの高級バーガー
にも客が奪われていることや、

今までの売りとしていた「健康メニュー」が
他の外食店も健康を意識したメニューを
増やしてきたことで苦戦中。

新たな魅力づくりを急がないと
埋没していくのでは?とのことです。



私的には
モスバーガーは大丈夫な気がします。

認知度もありますし、独自性も持っています。
商品の企画力も強い企業だと思います。

一番の問題は
広告宣伝が足りていないこと。なのではないでしょうか?

それ程テレビは見ないのでわからないのですが
モスバーガーのコマーシャルってやってますか?
最近見た記憶がありません。

広告を打つことで

「そういえば随分モスバーガー食べてないな」
「久しぶりに食べたくなった。」

という掘り起しをするだけで違ってくると思います。

「モスオタク」の芸能人とかもいると思うので
イメージキャラクターにしてコマーシャルを打ったり

店舗周辺には定期的にチラシを配る。ことで
かなり変わってくると思います。

さて

モスのことなんてどうでもいいあなた。

他人事ではないのは
高くも安くもない中途半端な価格帯。

私たち個人や中小企業は
この中に入っている場合が多いです。

置かれている状況はモスバーガーより厳しいです。
認知度が圧倒的に少ないですから…

 

何もしなければ間違いなく埋没してしまいます。

やらなくてはいけないことは

まずは、

近所の方に知ってもらう
同業他社と「どこが違うのか?」知ってもらうこと。

ホームページやブログでうまく宣伝できなくても

チラシならできます。

さらに

チラシなら
「忘れられた人に」思い出してもらう。
こともできるんです。

HPやブログとの一番の違いは
上記は、検索されないと出てこないこと。
忘れられてしまえばあなたの店にはたどり着けません。

業種名+地域などで上位表示されていて
上手く集客できているなら別ですが…

ポスティングなら

ネット広告や新聞折り込みと違い
ほぼすべての人に宣伝できます。

あなたのことを思い出してもらえるのです。

※ネット広告はキーワード検索した人だけ
折り込みは新聞を取ってる人だけです。

中途半端な立ち位置から抜け出すために

チラシポスティングなら低予算で始められます。

定期的に続けられれば

あなたの店を覚えてもらえます
忘れていた人に思い出してもらえます。
他社との違いを知ってもらえます。

同じような価格帯の同業他社は忘れられて埋没し
あなたの店は生き残ることができるのです。

さあ

まずは手書きでよいのでチラシを作ってみましょう!
出来上がったら私でよければ初回無料で添削します。

ご気軽にどうぞ⇒ 初回無料メール相談

アマゾンでは「売ってあーげない」

「アマゾンエフェクト」って言葉ご存知でしょうか?

日本以上にアメリカではネット通販で商品を購入する人が多く、
百貨店やショッピングモールが閉鎖に追い込まれ

「いずれアマゾンンがすべてを飲み込んでしまう。」という
意味合いだそうです。

ナイキなどの大手ブランドもアマゾンに相次いで出店。
アマゾンの存在感は半端ないです。

いずれ日本もアマゾンに飲み込まれてしまう可能性は高いようです。

そんな中

ファーストリテイリングの柳井会長が
ニューヨークで開いた会見で

「ユニクロの商品はアマゾンでは売らない。」
方針を表明したとのこと。

 

専門性を極めることで
アマゾンに対抗するそうです。

 

アマゾンでは買えないユニクロ。

果たしてメリットの方が大きいのでしょうか?

 

ネット通販(衣料品)のデメリットと言えば

・思っていたのと違った。
・サイズが合わなかった。

この部分だと思うのですが、

ヒートテックなどのインナーや
軽量ダウンなどの普段着がメインのユニクロなら
ある程度イメージ通りの商品が届く安心感があるので
注文しやすい部類に入ると思います。

長い物には巻かれろ。ってことで
アマゾンでも買えた方がいい気がするのですが

凡人の私にはわからない先のことを考えている
のかもしれませんね。

 

さて

アマゾンの脅威(ネット通販)は
私たちの商売も脅かされてきています。

指をくわえているだけだと
いずれ淘汰されてしまいます。

私の業界では一番の煽りを受けてしまったのが
中小の印刷会社です。取引先の多くが無くなってしまいました。
「ただ刷るだけ」なら「安さ・速さ」が決め手になり、
ネット印刷の方が安くて速いとなれば対抗できません。

悲しいことに
独自性・専門性を出し、「反響が出るチラシ」を作れたとしても
印刷機械の維持費、紙や塗料の仕入れ代などを考えると
自前で刷るより、外注した方が利益も出て、リスクを減らせたりします。
こうなってしまうと印刷機械は必要なくなり、
印刷会社ではなく、チラシ制作会社です。

さてさて

あなたが今の商売で
生き残るためにできることはなんでしょう?

ネット通販・ネット広告に力を入れることでしょうか?

できるならやった方が良いですが
お金も、時間も、知識も必要になってきます。

チラシなら手軽にお金もかけずに始められますよ。

チラシに可能性を少しでも感じてもらえたなら
ぜひこのブログを読み漁って下さいね。

直接相談したい方はコチラへ
初回無料メール相談

チラシポスティングは○○で決まります。

映画では監督。

テレビでは脚本。

演劇では役者。

で善し悪しが決まる。

と言われているそうです。

 

では

チラシポスティングならどうか?

 

チラシの善し悪しで決まります。

ただ

映画でも脚本や役者が大事なように

7割はチラシが良くできているかどうか?で

残りの3割がタイミングとポスティングの仕方になります。

 

チラシを配っても反響が出ない場合

ほぼ「チラシが良くない」ことになるのですが

 

しかしこれは

一発勝負の場合の話です。

 

映画やテレビは出来上がった物を修正することは
まずありえないのですが

チラシの場合は

配ってみてどうだったのか?

検証し、色々と試してみることが大切です。

 

それ以上に

あなたの店を知ってもらうこと。

あなたのことを知ってもらうこと。

の方が大切です

 

初めてのチラシポスティングで

反響を出すためにはチラシの善し悪しに掛かっていますが

 

定期的にチラシを配ることで
あなたのことを知ってもらうことの方が

確実に反響につながってきます。

 

1回やってみて

思ったように反響が出ず

「ポスティングでは集客できない。」

と決めつけてしまう方は

少なくないです。

 

必要最小限のことを載せ
継続して試してみることが大切です。

載せない方が良い内容もあったりしますので

以前使ったチラシがあるなら
私でよければ初回無料で添削します。

 

ご気軽にどうぞ

初回無料メール相談

PS

初めてチラシで集客を検討している方は

決めた予算を1発勝負に使わないでください

予算を3回に割って

3回同じ場所に配ることをお勧めします。

 

商売の肝は、覚えること。覚えてもらうこと。

ここ2,3ヶ月で月に2~3回行っている
ラーメン屋さんがあります。

そこでは
食券を買ってカウンターに置くと
「お好みはありますか?」と聞かれます。

私の場合、その店では、

その時の気分で「普通で」か「ちょい薄で」と答えるのですが(「ちょい薄」の方が頻度は多い)
※ちょい薄=しょうゆを少し薄め

前回行った時に初めて

「ちょい薄でよろしいですか?」と聞いてきました。
こういうことって小さなことですが
結構嬉しかったりします。

店から覚えてもらう=知ってる店



何気ない会話が始まる=知り合いの店



知り合いの店⇒友達や知り合いに紹介したくなる。

繁盛している店は
実は、こういったことが大きいのではないでしょうか?

お客さんのことを覚える
あなたがもし接客業をやっているなら
ぜひ意識を集中してやって欲しいと思います。

美容室や整体院などの方はとくに
初めて来店してくれたお客さんと色々な会話をすると思います。

どんな会話をしたのか覚える自信がないのなら
ぜひノートなどにメモをして1日の終りに振り返って下さい。

2回目に来店した時に、
何気ない会話のことを覚えていてくれた。

お客さんにとって嬉しい事です。

そうなると

「また来よう!」

「友達も連れてこよう!」

「友達を紹介しよう!」

となる確率は上がります。

 
さて

リピートしてもらうことよりも
先立つのは集客って方もいると思います。

今度はあなたがお客さんを覚えるのではなく
お客さんに覚えてもらうことが重要になります。

 
まずは
チラシポスティングで

あなたの店を知ってもらう。
どこにあるのか知ってもらう。
あなたのことを知ってもらう。
何ができるのか知ってもらう。

 
定期的・継続してチラシをポスティングすることで

お客さんに覚えてもらえます。

あなたのことを忘れていた人も
チラシポスティングで思い出してもらえます。

チラシはいつ配れば反響がでる?

2月14日火曜日に学習塾系のチラシが新聞折込に5社も入っていました。
私が取っている新聞は日経なので読売や朝日ならもっと被っていたかもしれません。

春の入学シーズンのチラシをいつ配ったらいいのか?
広告代理店に相談したら判を押したように

「2月中旬が良いと思います。」

「曜日は火曜日がおすすめです。」

となった結果だと思います。

ちなみ次の日(水曜日)は学習塾系のチラシは1社でした。
結果論ですが、水曜日にすればよかったと思っているのではないでしょうか?

ではなぜ?広告代理店が火曜日を勧めてくるかというと

スーパーの特売のチラシは火曜日に折り込むケースが多いので
専業主婦の方がチラシをじっくり見てもらえる可能性が高いと思っている。
からです。

さてあなたはどう思いますか?

考えなければいけないのが
火曜日に折り込みをじっくり見る方はどんな人?って部分です。

「どのスーパーが今週は安いのか?」をチェックする人ですよね?
学習塾のチラシをチェックする人ではないんです。
そもそも目的が違う人なんです。

ただ何となく折り込みをチェックする場合よりも
目的を持ってチラシをチェックする場合では


逆に
「目的があるチラシ」以外はよく見てもらえない。
可能性が高まると思います。


では

新聞折込をいつ入れたら反響率が上がるのか?

わかんないです。

いつ折り込むか?よりもどんなチラシを折り込むか?
反響が出る出ないの7割はチラシの良し悪しで決まります。

 

ある程度反響が見込めるチラシなら
折り込み数が少ない曜日を選ぶ事をオススメします。


比較的少ない曜日は
月曜日、木曜日、日曜日

週末にイベントを仕掛けるなら
おすすめは木曜日ですかね。

ちなみにポスティングですと

一番多く配られているのは
木曜日と金曜日 (6~7割近くがここに集中されています。)


続いて 水曜日、土曜日その次に火曜日が少なく
日曜日、月曜日が一番少ないです。


あなたがもし

自分で1件も飛ばさずポスティングするのなら
曜日はそれ程気にしなくて良いと思います。

キッチリ配れば、その内の3割は他のチラシは入っていないですから。
(ポスティング業者に頼むと良くて世帯の7割にしか配ってもらえない)
じっくり必要かどうか?判断してもらえます。

ハッキリ言って

反響がある程度見込めるチラシを使わない限り
何曜日に配れば反響がでるのか?の計測はできません。

まずは
反響が出るチラシを一緒に作っていきましょう!

紙とペンを用意して手書きでチラシの下書きを作ってみて下さい。
でき上がったらこちらへどうぞ⇒ 初回無料メール相談

あってますか?営業時間

風邪をひき、放置していたらこじらしてしまい、
結局先週病院に行ってきたのですが

「この病院やるな!」 と思ったのでシェアしたいと思います。

行った病院は総合病院ではなく、内科だったのですが
診察券をみて驚きました
診察時間が9:00~20:00(昼休みなし)

しかも年中無休

あなたならどうでしょう?

信頼の置けるお医者さんでない限り 便利な方を選んでしまうのではないでしょうか?

通常の病院は木、日が休み 12:00~14:00は診てもらえない。
これって患者からすると不便ですもんね?
体調が悪くても仕事が休めない。休みの日は診てもらえない。
昼休みに病院に行きたいけどその時間はやっていない。

残念ながら患者(お客さん)目線ではないようです。

歯医者さんの数はコンビニより多い(約1.6倍)
一日に一件の割合で廃業しているようです。
法律の問題はどうなのかわかりませんが

お客さん目線で考えると

早朝、昼休み、夜間、土日営業
生き残るために必要になってくるのではないでしょうか?

さて

あなたの商売の営業時間は、果たしてお客さん目線の時間帯ですか?

こちらの記事も一緒に読んでみて下さいね。

機会損失はポスティングで!

いつやるのか?朝でしょ!

機会損出はポスティングで

新聞に                                  「モス朝方シフト」という記事が出ていました。

ほぼ全店舗で開店時間を2,3時間繰り上げるそうです。深夜の来店数が減少している郊外や地方の店舗では 閉店時間を早めるそうです。

通勤前に趣味や勉強会を楽しむ「朝活」の広がりや 「団塊の世代」の大量退職で朝型の生活が増加し、スーパーやドラッグストアなども開店時間をを早める動きが出ているそうです。

 

営業時間10時からは

今の時代のお客さんのニーズはとらえていないのでは? 機会損出をしているのでは?

 

明日から営業時間を変える。

ちょっと現実的ではないかもしれません。

長年やっているなら。普段のルーチンワークを変えるのは 抵抗感もかなりあるでしょう。

では、こういうのはどうでしょう?

期間や曜日を決めて試してみる。

早朝割引やキャンペーンをしてお客さんの反応を確かめてみる。

チラシポスティングなら

すぐにテストすることができます。

こちらも記事もご一緒に
いつやるのか?朝でしょ!

 

いつやるのか? 朝でしょ!

「朝活」といえば、

仕事に役立つ自分磨きに、というイメージの方は多いと思います。

そんな中、

ネイルサロンや美容室

朝からカラオケ(朝カラ)「朝からかよ!」とツッコミを入れたくなりますが(笑)

など、早朝からのサービスを始めているお店も増え、人気も出てきているようです。

 

「朝活」 を消費者側からではなく、

商売をやっている提供者側から考えてみましょう。

 

残業が多い職業や夜の職業。

「行きたい」「行ってみたい。」けど、やってない。

それに優先順位は「休みは寝ていたい。」 朝だったら・・・

法律的には、どうなのかわかりませんが、

早朝やっている歯医者さんなんていいですよね。

「夜中に歯が痛くなった。」 朝の9時まで耐えるのはキツイですし 、遅刻もできない。

今日は初デート。 キスまでいけるかも(笑) 口臭が気になり、丹念に歯磨き

しかし、よく見たら歯にヤニが・・・

他にも

理美容院なら

今日は勝負の商談。残業して資料は完璧。しかし髪が・・・

整体院・マッサージ

寝違えて首が・・・

体が痛い。疲れが溜まってる。でも休めない。

 

もしあなたの商品・サービスで朝やっていたなら・・・

どんな人にニーズがあるのか?

商売として可能性は?

ぜひ考えてみて下さいね。

お客さんににも聴いてみて下さい。

自分でポスティングしているなら、

手渡しできた人に聴いてみて下さい。