価格設定に悩んでいる方へ

先日、10,800円の商品を購入しました。

お会計に持っていったところ

「11,664円です。」と言われました。

「えっ? 税込みじゃないんかい!」

してやられた!と感じました。

特に

10,800円
1,080円
108円

勝手に税込価格と勘違いしてしまう方は
私だけじゃないと思います。

1,080円(税別)

税込みに見えます(笑)

8%の利益を簡単に確保できる手法?
なのかもしれませんね。

ただ

お客さんからすると「してやられた感」
は残ると思いますので
定期的に購入してもらうためには、
デメリットの方が大きいのかもしれませんね。

店じまいなどの売りつくしセールとかや
一回買ったら当分購入しない商品なら
利用した方が利益が確保できそうです。

店じまい 108円売りつくし大セール!とかで

何点も購入したら

実際は116円でも気づかない人もいると思います。(笑)

さて

税別で安く見せる方が良いのか?

税込み価格の方が 次につながりやすいのか?

値段表示・価格設定に悩まれている方も
少なくないと思います。

さらに

通販もやられている方だと
送料もかかわってきます。

 

ここで問題です

 

定価 4,800円の商品を

①4,800円(税別)
別途送料350円
※実際にかかる料金5,534円



②送料無料・税込み価格
5,550円

あなたはどちらが安く感じましたか?

①と答える方が多いですかね?
暗算ができる方も①ですね(笑)



①の方がお金を払う段階で高く感じるかもしれませんし
②の方が良心的でわかりやすいと感じ、リピーターになりやすいかもしれません。

しかも

商品・サービスの認知度・価値観の違いによっても
変わってくるかもしれません。
地域性によっても変わってくるかもしれません。

どっちが良いのか?

はっきり言って

考えても答えは出ないと思います。

じゃあどうするか?

2パターンの価格設定をしたチラシを作り
ポスティングして試してみる。

答えは出ると思います。

値段表示・価格設定に悩まれている方は
ぜひ試してみてくださいね。

反響が出るチラシ コツ

さて今回は                                                         
新聞折り込みに入っていた サントリーの通販チラシ

「さすが、やるな」と思ったので

画像つきで解説させて頂きます。

まずは
画像をみてください。
CCF20130527_00001 CCF20130527_00000

初回無料メール相談等で

チラシを添削させてもらているのですが

ターゲットを絞れてない。

チラシが多いです。

1,まずは「あなたの売りの部分」は何なのか?
2,どんな人だったら喜んでもらえるのか?
3,その人はどんな悩みを抱えているのか?

思いつく限り書きだして下さい。とよく伝えているのですが                        
なかなかうまくアピールできなかったりします。

その辺りがこのチラシが良くできてるので参考にして下さい。

「年齢のせいとあきらめているあなたに。」

年を感じている人は,「何を?」となります。

そこで

たとえば、こんなうっかり

①人の名前が出てこない・・・。
②知っている漢字を書けない・・・。
③財布や携帯電話をよく探す・・・。
④気づかずに同じ話を繰り返す・・・。
⑤鍵をかけたか不安になる・・・。
⑥人との約束を間違える・・・。

う~ん「 私のことだ!と思ってしまう方は多いのではないでしょうか?

あきらめる前に、(そんなあなたに)

摂りたい知的栄養素があります。←ここはそれほどでもないですね(笑)

それがこれ

「オメガ脂肪酸」

ここで2つの道に分かれています。

直感的に判断する人用に

今なら抽選で10,000名様に

1ヶ月分6,300円が無料6月30日まで

それと熟知してから行動する人用に

詳しくは裏面へとあります

裏には

「なんでこれがいいのか?」の説明と

お客様の声

そして

今なら抽選で10,000名様に

1ヶ月分6,300円が無料

6月30日まで

となっています。

まとめます

チラシを作る前に

1,「あなたの売りの部分」は何なのか?
2,その商品・サービスはどんな人だったら喜んでもらえるのか?
3,その人はどんな悩みを抱えているのか?

を思いつく限り書きだす。

①キャッチコピー
2,3をもとに考える。

②それに対する答え
1,あなたの売りの部分。

③ ②の説明 (証明)

④ 事例 お客様の声

⑤集客商品

⑥アクセス方法

さあ

紙とペンを用意して

手書きで書いてみて下さい

出来上がったら

こちらから
初回無料相談
ご気軽に相談下さい。

集客商品と客単価UPとチラシ

Skype用のヘッドセットのマイク部分が壊れ電気屋さんに行って来ました。

前回買った同じタイプの「マイク用とイヤホン用」 の差込口が2つになるタイプ

の物を買おうと思ったのですが、

USBに差し込むタイプの物も売っていて,

品揃い的には、USBのタイプが2~3割だったので

人気があるのは、差込口が2つのタイプなんだろうと思い、
多分どれも同じなんでしょうが「Skype対応」とロゴが入っている
物を手にレジに向かおうとしました。

たまたま定員さんがそばにいたので

「差し込み2つのものとUSBのものとでは、どう違うのか? 」質問しました。

すると私が思っていたのと逆で、[USBのタイプの方が音質が良い」とのこと。

デメリットは
USBの差込口が足りなくなったり、
もしくは付属品が必要になる人は、差込口が2つのタイプにしたほうがいいのでは?とのこと

う~ん実に解りやすい。

当初買おうと思ってた980円のをやめ、1,980円のUSBタイプのものに変更しました。

アップセル。店側からすると売上を倍にすることの成功です(笑)

今回の話をもとに

集客商品の使い方と客単価アップのことを解説をしたいと思います。

あなたのチラシ作りの参考になればうれしいです。

まずはターゲットを絞る。

ヘッドホンセットを欲しがっている人

使用用途 その人は何に使いたいのか?

Skype用。

本当に売りたいもの(利益率が良い物)は何か?

USBタイプのもの

さて

あなたならどうゆう風にチラシを作りますか?

ちょっと考えてみてください。

・・・

私なら

先着50名さま限定

Skype対応! ヘッドホンセット

メーカー小売価格980円が

なんと198円! (※ここではもちろん差し込みが2つのものですよ!)

今後必要になるかも?

あって損するものではないので

この機会にGET!しておいて下さい。

と「集客商品」を打ちたて、 チラシを配りお客さんを呼び込む。

そして

来店したお客さんに対して USBタイプのメリット・デメリットを伝える。

値段よりクオリティーを求めているお客様に対し

「こちらの商品、メーカ小売価格3,980がキャンペーで1,980円になってます。

大変お買い得になっております。」と伝える。

「じゃあこっちで」となってしまう人も多いのではないでしょうか?

客単価が10倍にアップですね。

※実際に私が行った電気屋さんでは、480円のものも売ってました。

最初「これでもいいかな?」とも思ったのですが、

「Skype対応」とロゴがある 980円の物を手に取り、

定員の説明を受け、結局1,980円のものを買いました

ぜひ

あなたの商品・サービスに当てはめてみて下さい。

わからないことや、相談したいことがあれば

こちらから ⇒初回無料メール相談 ご気軽にどうぞ