ポスティング 本音と建前

自分でポスティングするのは

「恥ずかしい。」「面倒臭い。」「プライドが許せない。」

と思っている方は、本当に多いです。

そんなあなたへ・・・

 

先日紹介した

美容室チラシ反響率50分の1の方は

ポスティングを続けていたことで「腰痛が治った。」そうです。

 

日経に「腰痛は歩いて予防」という記事が出ていたので

まずは読んでみて下さい。↓↓

——————————————————–

歩くことは、体の全身運動になるほか、実はかなり効果的な腰痛予防になる。

姿勢の乱れや筋力の低下により、体の大もととなる骨盤の位置がズレて、肩こりや 腰痛、ひざ痛など体の各所に影響がでる。

特に腰部は、運動不足や加齢よる筋肉の衰えにより腰を支えきれなくなる

姿勢が崩れている人は大抵腰痛の悩みを抱えているケースが多い。

腰痛の予防には、腹筋を鍛えることが大切。

歩く際には足に意識が向きがちだが、腰の左右を交互に出す気持ちで進むと、 自然に腹筋を支える上、足の疲労も少ないので長く歩ける。

ダイエット効果

呼吸を意識する。 鼻から息を吸い、腹部をふくらませ、吐く時は唇をすぼめて 口からゆっくり吐くことで骨を支えるインナーマッスルを働かせるので 体感がしっかりしてくるのと、内臓脂肪を燃焼できる。

——————————————————————–

 

 

さて

話を戻します。

「世間体がきになる。」

「必死になっている自分を見せたくない。」

「何をいまさら・・・」

年を追うごとにそういった傾向に

「自分でポスティング。」 ちょっと、ん~

「本音と建前」の「建前」を思考の全面に持ってきましょう。

ここでまた、「なんか裏があるようで・・・」ちょっと、ん~

とならないで下さい。

建前とは 表向きという意味ですが、

読んで字の如く

建てる前

売上を上げる前、には

必要なことなのではないでしょうか?

 

「普段歩くことが殆ど無いので、 運動不足解消のためにポスティングをやっているんです。」

「最近太っちゃって、ダイエットのためにポスティングを始めてるんです。」

「知り合いに歩くことが腰痛に良い。と聞いたので ついでにポスティングしているんです。」

 

「世間体がきになる。」

「必死になっている自分を見せたくない。」

というあなたはぜひ、優雅に泳いでいるようで、 水面下では一生懸命足を漕いでいる         「白鳥スタイル」でやってください。

もっと背中を押して欲しい方は

こちらもどうぞ⇒行動を移すためのきっかけ作り

お返事ができる方限定

初回無料相談 ご気軽にどうぞ

 

チラシで認知度を上げるために

先日のポスティングの問い合わせで

「新しく建ったマンションだけにポスティングできますか?」 と聴かれました。

できなくはないのですが、住所のリストがなければ、 目視でポスティングしていくことになるので、
料金が割高、配る枚数を先に決めるとなると どこからどこまで入るのかはやってみないとわかりません。
と伝えたところ、沿線沿いに伸ばしていって欲しいとのことでした。

さて

どう思いますか?

担当者の方は

近隣の人への認知度はあるので
新しく引っ越してきた人をターゲットにした方が 反響が出るのでは?
しかも 少し離れているところからも来てくれるのでは?と考えたのだと思います。

私は正直おすすめできません。

理由は

1,ポスティング料金が割高になる。はたして費用対効果は?

2,導線が細い。

横浜駅のような各沿線が集まっているようなところなら まだいいのですが、各駅停車の最寄の立地だと、 相当なメリットを感じない限り、わざわざ来てくれない。

客単価が高くなる50代以上の方の重要なキーワードは、「近く」です。

3,何度も言っているように、自分が思っているより知られていない。
自分でポスティングしてみるとほんとうによく解ります。
手渡しした時に聴かれる言葉のNO1は、「どこにあるの?」です。

4,人はすぐ忘れてしまう。

「あれ?何しようとしたんだっけ?」 となったことはありますよね。

私の場合ひどい時には「忘れ物した。」と家に戻ったら、何を忘れたか忘れた・・・(汗)
なんてこともございます。(笑)
あなたがポステイングしたチラシでも

こんなことが・・・

「これいいね。明日ちょっとよってみよう。」 と思っても寝たら忘れてしまう。

「これ気になる、後で問い合わせしてみよう。」 と思ってカバンへ
1週間経過・・・  「なんだっけ?これ?」やっぱりいらないとゴミ箱へ

お客さんを煽るのはイヤと「期間限定」、「数量限定」はしたくない。
人はすぐ忘れてしまうものと思えば、必要性を感じてもらえると思います。

地域密着。半径500m圏内をくまなくポスティング

まずは、知ってもらう。

「そういえば」と忘れていた人に思いだしてもらう。

1ヶ月に1回 毎月同じポストにチラシが入る形に計画を立てましょう。
500mが厳しければ半径を縮めて下さい。

3回配ってるのに、「初めて見た」と来店される方もたくさんいますし

前から気になってはいたけどタイミングが合わなかった人へは、継続していなければ忘れられています。

反響率が落ちてきた。と感じたら

少し地域を広げることと、チラシを変えてみることと どちらがいいのか計測する。

本来

来店された人は「何を期待してきてくれたのか?」

リピーターになってくれた人は「どのような理由で継続してくれてるのか?」

こういった声を集めれば、反響のでるチラシのヒントが解ってきます。

「私のことだ」「そうそうこうゆうのを求めていた」「すごく気になる。」

「私の悩み解決できるかも?」

「近くだし行ってみよう。」となってしまいます。

一度ポスティングしたけど思ったより効果が・・・

チラシがいけなかったのか?

配り方が悪かったのか?

それとも地域性の問題?

知りたい方は  こちらから⇒初回無料メール相談 ご気軽にどうぞ

 

チラシ新時代

低価格の「牛丼」「ハンバーガー」といったファーストフード店から
ファミレス・回転寿司・カフェへ

消費者は「プチ贅沢」を外食に求め始めました。

低価格競争で「冬の時代」が
10年以上も続いたファミレス業界。

やっと春が来始めたようです。

外食産業全体の売上では3ヶ月連続マイナス成長の中
4ヶ月連続のプラスだそううです。

「低価格よりも居心地の良さ」

「低価格よりもサービス」

「低価格よりも品質」

私たち中小企業や個人事業者にとっても、
戦いやすい環境になってきました。

それと

「低価格より利便性」

低価格1km先のスーパーより200m先のコンビニを選ぶ人が
多くなってきています。

地域密着でご商売されているなら

プラス材料ですよね。

さあ

チラシを作りポスティングを始めましょう。

安さよりも価値ある商品・サービスを
あなたの近所の方は求めています。

まずは、あなたをあなたの商品・サービスを
知ってもらわなければ話になりません。

何を?どこで?どのように?

何ができるのか? どうなれるのか?

知ってもらいましょう。

「冬の時代」にポスティングをして上手くいかなかった方も

「春の時代」なら 反応は違うはずですよ。

とりあえず手書きでチラシを作りコチラから⇒初回無料メール相談 ご気軽にどうぞ

小予算チラシマーケティング

若い女性の間ではヒール付きのスニーカーが人気だそうです。

スポーツブランド(プーマ、アディダス、ナイキとか)が、ファッションデザイナーとコラボした商品が特に好調のようなんですが・・・

意外なことに

このヒール付きスニーカー。

50代以上ではすでに定番商品になっているそうです。

ファッション情報の最先端といえば、

渋谷、原宿、女子高生(そういえば最近元気が無い気がするのは私だけ?)

だったのが

銀座、新宿、(巣鴨?)おばさん。

要チェックかもしれません。

ご存知だと思いますが

ミニスカートやジーパンを初めて履いたのは、

団塊の世代ですから

うちの商品は若い人向けなので・・・

うちのサービスは30代向けなので・・・

と終わらさずに 今ある商品・サービスで

50代以上を対象にできることは?                                    喜んでもらえそうなことはないでしょうか?

30代向けの商品・サービスを

言葉の言い回しを変えるだけ



そのまま受け入れてもらえるかもしれません。

上手くいけば、客単価は自然と上がるはずです。

ぜひ考えてみて下さいね。

3,000~5,000円の経費でマーケティング。                    チラシを作り自分でポスティングするならできてしまいます。

反応が取れれば、すごく楽しいですよ。

「私って天才かも?」と思ってしまいます(笑)

アイデアが浮かんだら、とりあえず手書きでチラシを作ってみましょう。

出来上がったら

コチラ江⇒初回無料メール相談 ご気軽にどうぞ

添削させて頂きます。

PS.

ポスティングする時には、ヒール付きスニーカーは足を挫く危険性が増しますので

禁止とさせて頂きます。(笑)

機会損出はポスティングで

新聞に                                  「モス朝方シフト」という記事が出ていました。

ほぼ全店舗で開店時間を2,3時間繰り上げるそうです。深夜の来店数が減少している郊外や地方の店舗では 閉店時間を早めるそうです。

通勤前に趣味や勉強会を楽しむ「朝活」の広がりや 「団塊の世代」の大量退職で朝型の生活が増加し、スーパーやドラッグストアなども開店時間をを早める動きが出ているそうです。

 

営業時間10時からは

今の時代のお客さんのニーズはとらえていないのでは? 機会損出をしているのでは?

 

明日から営業時間を変える。

ちょっと現実的ではないかもしれません。

長年やっているなら。普段のルーチンワークを変えるのは 抵抗感もかなりあるでしょう。

では、こういうのはどうでしょう?

期間や曜日を決めて試してみる。

早朝割引やキャンペーンをしてお客さんの反応を確かめてみる。

チラシポスティングなら

すぐにテストすることができます。

こちらも記事もご一緒に
いつやるのか?朝でしょ!

 

いつやるのか? 朝でしょ!

「朝活」といえば、

仕事に役立つ自分磨きに、というイメージの方は多いと思います。

そんな中、

ネイルサロンや美容室

朝からカラオケ(朝カラ)「朝からかよ!」とツッコミを入れたくなりますが(笑)

など、早朝からのサービスを始めているお店も増え、人気も出てきているようです。

 

「朝活」 を消費者側からではなく、

商売をやっている提供者側から考えてみましょう。

 

残業が多い職業や夜の職業。

「行きたい」「行ってみたい。」けど、やってない。

それに優先順位は「休みは寝ていたい。」 朝だったら・・・

法律的には、どうなのかわかりませんが、

早朝やっている歯医者さんなんていいですよね。

「夜中に歯が痛くなった。」 朝の9時まで耐えるのはキツイですし 、遅刻もできない。

今日は初デート。 キスまでいけるかも(笑) 口臭が気になり、丹念に歯磨き

しかし、よく見たら歯にヤニが・・・

他にも

理美容院なら

今日は勝負の商談。残業して資料は完璧。しかし髪が・・・

整体院・マッサージ

寝違えて首が・・・

体が痛い。疲れが溜まってる。でも休めない。

 

もしあなたの商品・サービスで朝やっていたなら・・・

どんな人にニーズがあるのか?

商売として可能性は?

ぜひ考えてみて下さいね。

お客さんににも聴いてみて下さい。

自分でポスティングしているなら、

手渡しできた人に聴いてみて下さい。

 

お熱いうちにお願いします。

DSC_0077 DSC_0076

「季節限定 ゆず七味 始めました。」のキャッチコピーに釣られ買ってしまいました。

うらブタにはゆず七味を提供している業者の広告が載ってました。

食べてる間、目は暇なのでキッチリ目を通してもらえることでしょう。

商品サンプルを使ってもらい気に入ってもらえれば購入してもらう。

いいビジネスモデルだと思います。

ただ、ちょっと「もったいない」と感じたのがが、                  (どうゆう形で提携しているのかわかりませんが)

QRコードが載ってない。こと

もしかしたら日清側からダメと言われていたり、

QRコードを載せたいなら別途〇〇円 とかかもしれませんが(笑)

載せるのと載せないのとではかなり違ってくると思います。

食べてる時間の約5分

この熱い時間を抑えるか抑えないかの差は大きいです。

「後で見てみよう」と思ったとしても、                      「お腹がいっぱい」になったら、忘れてしまいます。(笑)

QRコードを使うことで メールリストも集め                    お中元、お歳暮時期に宣伝できたのなら・・・

日清側から断られていたならしょうがないのですが                 そうでないのであれば・・・かなりの機会損失なのでは?

さてあなたの扱っている商品・サービスが高額な場合

チラシだけで購入に繋げるのはハードルが高かったりします。

そんな時はぜひ、ブログやホームページに誘導する仕組みを入れておきましょう。

認知度が無かったり・商品が高額だったり・説明がある程度必要な

商品・サービスはもっと知ってもらう必要があります。

QRコードはネットで検索すれば無料で出てきますので

ぜひチラシに載せてくださいね。

 

 

 

ポスティングで徹底してやるべきこと。

テレビが聞けるラジオが相次ぎ登場しているらしいです。                                                     アナログ放送の時は、ラジオでテレビが聞けたのに、

地デジになり聞けなくなっていたんですね。

震災を機に再び注目を集め始めたラジオで、

テレビを聞きたいというニーズはかなりあるようです。

理由としては

地震や災害時に便利

音声だけで楽しめる番組が多い

家事や育児をしながらテレビ音声を楽しめる

運転しながら楽しめる。

1万~2万するような物が売れてるみたいです。

私的には、まったく欲しいとは思わないのですが

あなたはどうでしょう?

 

さて、

自分の中では、「ありえない。」ものが、                     世の中で売れていたりします。

商売とは関係ないことならまだいいのですが、                   あなたの扱っている。商品、サービスが                     あなたの目線とお客さんの目線がズレていたら・・・

かなり危険ですよね。

お客さんはどんな物が欲しいのか?

お客さんはどんなサービスを求めているのか?

お客さんは、あなたの商品・サービスを受けることで、                「どうなった自分」を想像しているのか?

アンテナを伸ばしておかないと 受信出来ません。

 

ここにポスティングでできることがあります。

ただポストに配るだけではなく、

まずはあいさつをキッチリ・笑顔ですること。

殆どの人は、「そんなこと」と重要視していませんが、

気持ちのいい挨拶をしてくれた人に渡されたチラシ。               私は「返報性の原理」が働くと思っています。

気持ちのいい挨拶をしてくれたお礼に

あなたに興味を持ってもらえる。

チラシをキッチリ見てもらえる。

ニーズがあれば、その場で質問が出る。

今度行ってみようと思う。

「興味を持ってくれてそう」と感じたら、積極的に色々と聴いてみて下さい。

いいヒントをもらえますよ。

 

PS

大船に気持ちのいい挨拶を

スタッフ全員に徹底してやっている居酒屋があります。

あいさつの大切さ、 気持ちのいい挨拶をされると

「どんな気分になれるのか」がわかると思います。

ご希望であれば、一緒に行きましょう。

おごって下さいね(笑)

 

価値観があえば・・・

4,5年前ブームだったシェアハウス

生活費を抑えたい人や一人暮らしはさびしいと思う人などで、            一時期は他の賃貸物件よりも稼働率がいい。 などと言われていましたが、       住民同士のトラブルがやはり多く、 なかなかうまく行かないケースが多いようです。

そんな中、

同じ趣味を持つ人を集めるシェアハウス                    が増えてきているようです。

ランニング、マンガ、サッカー、野球、鉄道、動物と一緒、シングルマザーetc

趣味が同じだったり、価値観が近かったりすれば、                 普段のコミニケーションが格段に上がりますので

トラブルになることは減りますよね。

私事ですと、ヤクルトスワローズとキングダムが好きな人なら何時間でも語り合いたいです。

入居者を絞り込むことで

高価格にできる。

定着率が上がる。

トラブルが減る。

キッチリ集客ができるのであれば、

素晴らしいビジネスモデルだと思います。

 

さて                                    あなたの趣味(できれば人よりちょとできること。)は何でしょう?           占いができる。手品ができる。写真に詳しい。何らかの資格を持っている。       それと、お店やスタッフで今流行っていることなどを

チラシに載せてみたらどうでしょう?

「個性を全面に、価値観が合う人を集める。」

「 占いができる。」セラピストです。

「手品が得意な」美容師です。

みんなでランニングにハマっている整体院です。

「他とちょっと違うかも・・・」

「おもしろそう。近くだし行ってみよう。」

ポスティングなら

5000円もあれば試すことができます。                      上手くいけば、快感が得られますし、                       価値観が合うお客さんが集まれば、商売も楽しくなることでしょう。

ぜひ色々と試してみて下さいね。

 

ヘアサロンチラシ反響率50枚で1件!

嬉しいメッセージが届きましたので紹介します。

なんと500枚チラシを配ると最低10人はお客さんが来るそうです。

それではどうぞ

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

毎日ブログを拝見させて頂いてます。

開業当初は専門業者にチラシを作ってもらい、新聞折り込みで一万枚配布しましたが、新規のお客様は15名しか来店されず、昔からの既存のお客様のおかげで、なんとか30万ほどの売り上げになりましたが、 「このままでは店が潰れてしまう」「開業した場所が悪かったのではないか」「考えが甘かった」 と、絶望的な気持ちになりました。

そんな時に田島さんのブログにたどり着き、目からウロコが落ちました。過去の記事も全部読みました。 そして、手書きチラシを作り、500枚ずつコピーして、ポスティング、反応を見て、また作り直し、また配る。 その繰り返しを続けてきて、今は500枚で最低10名の新規のお客様がご来店して下さいます。

場所柄、中高年の方が多い地域ですので、地域密着型美容室をアピールしています。 「小さな美容室」「歩いて行ける美容室」「女性スタイリスト」「貸し切り可能」「車イスでもOK」 こんなキャッチコピーがお客様の目に止まった様です。

女性が、特に中高年の方が美容室を替えることは勇気がいることです。また初めて行く美容室は敷居が高いです。 チラシをずっと大事に家計簿に挟んで取っておいて、行こうかどうしようか迷って悩んで、そのチラシが投函されてから2カ月後に勇気を出して来て下さった方もいました。

また、ある80代の方は、今までは駅前の美容室まで通っていたけれど、足腰が悪くなって通うのが困難になって途方に暮れていたそうです。「よくぞここに美容室を作ってくれました」と手を握って下さいました。

静かな町ですが、穏やかで優しい方が多くて毎日が感動です。 そんな方たちがたくさんご来店して下さる様になったのも、田島さんのブログのおかげです。

田島さんのアドバイスの通りに、忠実にチラシを作り、確実にポスティングを続けてきて、 売り上げも開業当初の2倍以上になりました。

田島さんのブログにたどり着かなければ、生活費も捻出できなくて、きっと開業した事を後悔していたと思います。

ぶしつけですが、どうしてもお礼を言いたくてメッセージを送らせて頂きました。 本当にありがとうございます。

余談ですが、毎朝30分ポスティングをしているおかげで腰痛が治りました。整骨院の先生にも誉められました。

それと、いつも過剰に吠えるワンちゃんがいる御宅があるのですが、何度もポスティングをしているうちに、そのワンちゃんが私に吠えなくなりました。今ではシッポを振ってくれます。

お庭の綺麗な花の名前を教えてくれるお爺ちゃんがいて、その方が奥さまに、私の店に行く様に勧めてくれました。

ポスティングをしていると、良いことだらけです。

これからもポスティングを日課にして頑張ります。 頑張れるきっかけを作って下さった田島さんに、心から感謝いたします。

本当にありがとうございました。

ヘアサロン ミルフルール 店主 大北

Re:Re:

行動する事で結果が出ると、どんどん新しいアイディアも浮かんできますね。

私の様な、ひとりサロンのオーナーさん達の励みになれれば幸いです。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

私のブログを見て

「ポスティングやってみようかな」となっても結局行動に移せてない方へ

紙とペンを用意してとりあえず手書きでチラシを作ってみて下さい。

白黒のA5で作れば今や3,000円で2,000枚印刷できます。

配布エリアを決め、住宅地図をコピーし貼り合わせ

とりあえずポスティングしてみる。

※それでもやらなくちゃと思って入るが行動に移せない方は                                                 コチラ→行動に移すためのきっかけ作り 参考にして下さい。

2,000枚ポスティングして4件反響がでれば採算は合うと思います。

あとは現場でのヒントを基に改良し継続する。

面白いことに反響が出ると更にいいアイデアが出て チラシも良くなり、楽しくなります。

しかし残念ながら

ブログで紹介されているような結果がでない・・・

終了・・・

いやいや勝負はここからです。

何がいけなかったのか?検証してもう一度試す。

自分で答が出なければ

こちらから相談して下さい⇒初回無料メール相談                   ご気軽にどうぞ^^