グレーなチラシ

「判断が難しい結果。」になってしまった、事例です。

先日のポスティングの問い合わせで、
配布数が2,000枚とのことで 「最初は自分で配ったほうがいいですよ。」と伝えたのですが、
腰に持病が有り難しいとのことで、ポスティングの依頼を受ける予定だったのですが

依頼主の親戚の姪がぜひ配らせて欲しい(ポスティング経験者らしい・・・)とのことでキャンセルを受け、
その後、結果報告を頂いたのですが・・・
2,000枚で1件の問い合わせ(成約)とのこと



チラシを変えたほうがいいのか?

そのままで数を増やした方がいいのか?

教えて欲しいとの連絡が来ました。

私が推奨している明細地図を使い1件くまなくポスティングをしていて

2,000枚で1件なら

「チラシを変えてみましょう。」とアドバイスできるのですが

聴いたところによると 世帯数に対するカバー率は7割程度とのこと
(2800世帯ある所に2000枚の配布)

あいたたた~です。

逆に

配りやすい集合住宅だけにポスティングして2000枚で1件の反響と言うのなら
細かく配ればもっと反響が出ると思うので、もう一度同じチラシを配り試してみましょう。
とも言えるのですが・・・

きっちり配ればもっと反響がでるチラシなのか?

それとも2,000枚で1件のチラシなのか判断がつきません。

100%のポスティングと70%のポスティング何が違うのか?

配りやすいポストにはたくさんのチラシが入っているため

目を通してもらう確率が低い。

一瞬の判断で、必要か?必要でないか判断(0.5秒と言われています。)でゴミ箱へ

余談ですが

ポスティング会社にはこんなクレームが来ます。

「おたくのせいで、必要な書類を捨ててしまった。どうしてくれるの」と

んっ?

意味がわからないですよね?

駅前の大型マンションや団地などではたくさんのチラシが入っているため

チラシと一緒に必要な書類を捨ててしまった。= チラシを配るおたくらが悪い。

極端な例かも知れませんがこんな方もいるのです。

他のポスティング会社が抜けてしまう 30%

(2,000世帯中600件)にもポスティング

普段チラシが入っていないポストだと

「なにこれ?」と必要かどうかキッチリ判断してもらえます。

この差が非常に大きいのです。

100%(投函禁止以外)キッチリ配ることで

大手宅配すし 全国1位

大手ファミレスデリバリー全国1位

「住所以外まったく同じチラシで」ですよ。

あなたも地域NO1はイケると思います。

話を戻します。

一番判断が難しい中途半端な結果。

値段でポスティング会社を選ぶと、たいていこんな結果になります。

それでも費用対効果がでればいいと思うのですが

あなたも気を付けて下さいね。

まずはお金をかけずに2,000枚のチラシを作り

明細地図コピーして、

自分で1件くまなくポスティング。

効果測定をして検証してチラシを作り替え

500枚で1件の反響が出るチラシを作り上げる。

それからチラシの数を増やして行きましょうね。

PS

今回の話 チラシを変更し、依頼を受ける予定です

チラシのことも

現場研修会というものを始めたのですがクロウトからすると「当たり前」のことが
シロウトからすると「大きな悩み」だったりする。
ということをあらためて教えてもらいました。
女性の方だとポスティングするのが怖いとか勇気がいる。なかなか一歩踏み出せない。
という方が「多く存在する。」ということをブログを通して 教えてもらったのですが

今回あらためて教ええもらったことが

男性の方でも「門扉の内側にあるポスト」にチラシを入れることに
抵抗感がある。ということです。

私からするとなんとも思わず当たり前のことなのですが

「不法侵入になるのでは?」

「人が出てきたらどうしよう?」

と思ってしまうそうです。

そう思ってしまう人がいればいるほど、入れたほうが反響のでる確率は上がりますね。
ポスティングされている確率が低いですから
それでも抵抗感がある方へのアドバイス

このように考えてみてはどうでしょうか?

門扉の外側にポストがある家・・・敷地内に入ってほしくないと思っている。

門扉の内側にポストある家・・・ポストまで郵便物を取りに行くのが面倒臭いので
玄関先まで持ってきてほしい。と思っている。

それとチラシを持って歩いているのですから 相手からすれば「何をしているのか?」すぐに分かりますし
「チラシを配ってます。」と言えばいいだけです。

慣れる必要はあるのかもしれませんが・・・

ポスティング現場研修会では

ポスティングをすることに対する。                                                                                        不安、疑問、問題点 ほとんどすべて解消できます。

こちらから⇒ポスティング現場研修会

 

クロウトからすれば常識、当たり前の部分

シロウトからすると 「へぇ~そうなんだ」「知らなかった」

ポスティングしながら「町の人の声」から教えてもらえること。たくさんあります。

その辺の所も実際に現場に出るとわかってきますよ。

「生の声をキャッチコピーに持ってくる。」

反響は格段に上がってきます。

コンビニ チラシ

コンビニを利用する消費者の数が 昨年より2割も増えてきているそうです。

あおりを受けているのが

スーパー 23%減 ドラッグストア・薬局 19%減 ホームセンター 15%減       ファーストフード・飲食店 14%減

その他 ディスカウントストア・書店 家電量販店・100円ショップ・生活雑貨店(8~13%減)

価格で見れば上記の方が安い所が多いはず。

なのにコンビニへ行くんです。

「なぜコンビニいいくケースが増えたのか?」の問には

1位はやはり「近いから」

2位は「24時間やっているから」

そんな理由は前からあるのに「今」去年より2割増えているんです。

「面倒だからコンビニでいいや」なんです。
さて

あなたの商売でできること

「近くて便利な専門店」が近くにあることを、まずは知ってもらう。

「そういえばあそこに」と思いだしてもらう。

反響のでるチラシを作るためには

「こんな悩みを解決できたら嬉しい。」 「こんなふうになれたら嬉しい。」
というお客さんのニーズを掴み、解答をし 事例を載せることなのですが・・・

うまくチラシが作れない。

キャッチコピーが浮かばない。

自社の「売り」を上手くアピールできない。

と時間がかかってしまっている方は

「まずは知ってもらう。」

「どこで、なにを、どんな感じで、どんな思いで」

でチラシを作り、自分でポスティング。

自分でポスティングしながら、「こんにちは」となるべく手渡しし、 興味を持ってくれた人がいれば、

自分の扱っている商品・サービスで

「どんな悩みを解決できたら嬉しいのか?」

「どんなふうになれたら嬉しいのか?」

お客さんに教えてもらって下さい。

「最初から反響が出るチラシを作りたい。」と誰もが思うと思いますが、

「やってみないと結果は分からない。」

自分でポスティングしてみる事で色々と、ほんとうに色々と分かることがあります。

ぜひはじめて下さい。

私の初回無料メール相談

やってみた後に、利用すると、

「腑に落ちる度。」がかなり違ってくると思いますよ。

 

価値観は合ったほうが良い?

フィトネスクラブやスポーツクラブなどで、個別指導を受ける
中高年が増えてきているようです。


専門のトレーナーが着く?


「別にアスリートでもないし・・・そこまでは」

「それに高いんでしょ!」と思いますよね?



しかし


思っていたより安い。


専門のトレーナーがつくことで自分にあったトレーニングができる。

孤独感がないので継続できる。


さらに利用している人の感想が聴けたりすれば、

「じゃあそっちにします。」となる人が増えてきているのですね。



入り口はやはり「無料体験会。」


専門のトレーナーをつけることで「こうなれる!」

ということが伝わり、価値観>値段 と感じる。口コミも広がり、


逆に「専門のトレーナーが付くのでそのクラブへ」となったりします。



さて


あなたの商売ではどうでしょう?


チラシで無料・半額のキャンペーンをやり、
その時は集客できても通常料金に戻すとリピーターには、なってもらえていない・・・。

となっていないでしょうか?



クオリティーが値段より価値を感じれば、お客さんは集まります。
リピーターになってくれますし、口コミにもつながります。



リピーターにするためにやらなくてはいけないことは、



価値観を感じてくれるであろう人を集めること。(ターゲットの絞込み)


付加価値をつけること。(独自の喜んでもらえるサービス。 専門的なためになるノウハウ。)


価値観を感じてくれた人の声(まだなければ次のチラシで・・・)




自分の商品、サービスはどんな人が喜んでくれるのか?


その人は、どんな悩み、欲望を抱えているのか?



この部分をきっちり決めてから

無料・半額キャンペーンを仕掛けましょう!


そうでないと、リピーターにならない、

価値観が合わない人が集まってしまいます。



手書きでチラシができたらこちらから⇒初回無料メール相談

初回無料で添削していますよ。

カテゴリー: 未分類

キャッチコピーの作り方

キャッチコピーが大事

それは解るがなかなか難しいですよね


あなただけではなく

おそらく誰もが思っていることだと思います


何かヒントになればいい

と思いましたので参考にして下さい


ポイント①悩み

一番食い付きが良く

比較的作りやすいテーマは


悩みだと思います。


生理的悩み セックス・食事・睡眠


安全上の悩み 病気・住まい・環境・健康


社会的悩み(コンプレックス)

やせたい・きれいになりたい・薄毛・平均値以上の維持


あなたが扱っている商品
あなたが扱っているサービスが


お客のどんな悩みを解決できるのか?

考えてみて下さい。


例)

○○でお悩みの方へ ●●で解決できます


ポイント② 不安

不安の場合はテクニックが必要になります


どうゆうことかと言いますと 

一回不安心理あおらなくてはいけません。


たとえば商品ががん保険だとすると

日本人の死亡原因の3人に1人はガンです。

しかも治療は高額 


あなたはガンにならない自信がありますか?

それとも十分なお金がありますか?

●●なら1日缶コーヒー1杯分で安心を与えます。

とかです


例)

あなたは大丈夫? 間違いだらけの○○選び

●●で泣かない為の○○法


ポイント③ライバル

人と比べて自分はどうなんだろう?

気にしてる人は多いですよね。


私が訪問販売をしていた時にも

テクニックとして使っていた部分です

事例を知りたがる人はたくさんいるので


あの人もこの人ももう使っている


○○の人はもう当たり前

特に日本人は 時計ならロレックス 
バックなどの小物はビトンなど,


人並み以上が大好きです。


例)

知って得する○○の仕方
○○の人はやっている○○法とは?



どうですか? ヒントになりました?



それともう一つ大事なことは情報収集。


アンテナを張ること

雑誌や電車の中刷り看板などチェックしましょう。


通信販売のチラシなどは良くできています。

自分の商品に置き換えてみて下さい。

チラシの下書きができた方は下記よりご


相談ください

私なりのアドバイスをいたします。


初回無料個別メール相談 ご気軽にどうぞ!


実践者の声↓↓
エステ 240枚で1件の反響がでた人の声
エステ 500枚で1件の反響がでた人の声

小売業 75枚で1件の反響がでた人の声

小売業 50枚で1件の反響がでた人の声

サロン 200枚で1件の反響がでた人の声

美容室 250枚で1件の反響がでた人の声

ハウスクリーニング 450枚で1件の反響がでた人の声

広告業 160枚で1件の反響がでた人の声


★メールマガジン始めました!! ★無料★


キャッチコピー100個無料プレゼント中!

********************

お問い合わせ TEL:045-383-9108

メールで問い合わせはこちらから

初回無料メール相談はこちらから

料金についてはこちらから

成功事例

ポスティングのコツ

反響の出るチラシ作りのヒント

100枚ポスティングすれば1件必ず集客できる方法

ピンポイント

横浜市栄区小菅ヶ谷2-8-65

*********************


カテゴリー: 未分類

チラシのまずは

同業者のチラシを参考に印刷会社に「丸投げ」で
「カラーの見栄えのいいチラシ」を10万円かけて作成・印刷


かたや

手書きで白黒でつくたチラシを簡易印刷で刷り
1万円で作成・印刷


100%言い切りますが
カラーで作れば10倍の反響
絶対ないです。


低予算で小さく試す。⇒効果測定

これをやっていけば大怪我はしません。


ここで質問なのですが


チラシを作成しようと思ったら
あなたはどう行動しますか?


印刷会社に問い合わせ?
広告代理店に問い合わせ?
デザイン会社に問い合わせ?
知り合いに問い合わせ?


なんだかんだで
余計なお金がかかってしまいます。


しかも出来上がったチラシは

「何枚配れば1件問い合わせが来るのか?」

おそらく誰も答えられないでしょう。


失敗しない。チラシを作るのなら

まずは手書きで作ってみる。

出来上がったら↓↓

初回無料個別メール相談 ご気軽にどうぞ!

実践者の声↓↓
エステ 240枚で1件の反響がでた人の声
エステ 500枚で1件の反響がでた人の声

小売業 75枚で1件の反響がでた人の声

小売業 50枚で1件の反響がでた人の声

サロン 200枚で1件の反響がでた人の声

美容室 250枚で1件の反響がでた人の声

ハウスクリーニング 450枚で1件の反響がでた人の声

広告業 160枚で1件の反響がでた人の声


カテゴリー: 未分類

ポスティングは弱者でも勝てるんです。

自分の商圏に同業者が多いから集客できない。

自分の商圏に大手の同業がいるので勝てない。


同じ集客の方法を取ってしまえば大手には勝てません。

同等のライバルとは食い合いになってしまいます。


「ライバルに勝つ」ポスティングをするために

◆反響のでるチラシを作る。

◆一軒も飛ばさずきっちりポスティングする。


このふたつが重要です。


きっちり配ればライバルに勝てるんです。


先日 神奈川県内で200店舗ある会社に

紹介で行ってきました。


紹介して頂いた方は

先方との付き合いが長いので


200店舗の内の何店舗かは、

うちにいただけることになったのですが


どうせなら全部ほしい。

と思うのは当然ですよね。


しかしながらもらえる仕事は、

他社より安く見積もりを出した所だけ・・・


ブログで紹介しているような内容を伝えたのですが・・・

理解はできるが


会社の方針で

安くできる所を選らばざるえない。とのこと


スケールメリットを考えると安く提案して

仕事を取っていくことになります。


さて本題です


ポスティングなら

たとえあなたの商圏に大手のライバルがいても

集客できることが理解できたでしょうか?


大手の会社は担当者がサラリーマン

安くできる所を選ぶのは当然です。


ポスティングは配布スタッフが

1軒1軒配る作業なので

配る効率を上げなければ利益は出ません。


必然的に

効率の悪い所は避けることになります。


あなたの商圏にある大手の会社が

ポスティングしていたとしても大丈夫です。


細かくはしてません。

100軒中70軒位にしか配ってません。


あなたが100軒中100軒配れば、

そのうちの30軒は

独占市場になります。


勝ち負けの話をしてきましたが

その30軒は

ライバルのいないエリアなので

勝ち負けは関係なくなります。


あなたのお客さんになる確率がある人の

10人中3人に

独占した宣伝ができる。


大きいですよね。

シェア30%とれたら笑いが止まりませんよ。


そしてもっと大事なことは

反響の出るチラシを作ること。


その部分は個別で相談下さい。


チラシがある方


手書きでかまわないので

こんな感じでチラシを作りたいと思ってる方


メールで添付して送ってもらえば

 アドバイスいたします。


初回無料個別メール相談 ご気軽にどうぞ!


実践者の声↓↓
エステ 240枚で1件の反響がでた人の声
エステ 500枚で1件の反響がでた人の声

小売業 75枚で1件の反響がでた人の声

小売業 50枚で1件の反響がでた人の声

サロン 200枚で1件の反響がでた人の声

美容室 250枚で1件の反響がでた人の声

ハウスクリーニング 450枚で1件の反響がでた人の声

広告業 160枚で1件の反響がでた人の声


********************

お問い合わせ TEL:045-383-9108

メールで問い合わせはこちらから

初回無料メール相談はこちらから

料金についてはこちらから

成功事例

ポスティングのコツ

反響の出るチラシ作りのヒント

100枚ポスティングすれば1件必ず集客できる方法

ピンポイント

横浜市栄区小菅ヶ谷2-8-65

*********************



カテゴリー: 未分類

思い出しましょう。あの時を

新聞の記事にドラッグストア ココカラ社長塚本氏の
お客さんから言われた。「忘れられない一言」というのが掲載されていました。


店長になって約一年。仕事をやめるかどうか悩んでいた頃、
閉店間際に「まだいいですか?」と40代女性が来店。

話を聴くと「生きていくのが嫌になるほど体がつらい」とのこと。
更年期障害のようだったのでおすすめの薬を処方。


1ヶ月たった頃、「あなたに命を救われた。」と言ってもらったそうです。


その時初めて「自分の仕事はスゴイ。困った人を助けられ、問題を解決できるんだ。」
と思ったそうです。


それから仕事に打ち込んで25年 今では社長みたいな。。。




さて


「自分の仕事はスゴイ。困った人を助けられ、問題を解決できるんだ。」

あなたの商品・サービスでも(命には関わらないかもしれませんが)
当てはまるのではないでしょうか?


ぜひ思い出して下さい。お客さんから言われた。「嬉しかった言葉」を

お客様の声としてその「言葉」をチラシに使えないかどうか?を



「思い出せない。」「言われたことがない。」と言うのであれば、

「言われて嬉しい言葉」をかけてもらえるよう心がけて下さい。


お客さんは「何をされれば嬉しいのか?」考えて下さい。

チラシでその言葉を集めることもできますよね。


仕事に対する情熱。やっぱ必要だと思います。

「なんで今の仕事を始めたのか?」ぜひ思い出して下さいね。


カテゴリー: 未分類

行きつけの店になってもらうために

地域密着の商売をしているなら、

「〇〇のことなら●●さん」となってもらえたら心強いですよね。

そのためには、あなたの商品・サービスで何ができるのか? 何をすれば喜んでもらえるのか? 死ぬほど考えましょう。

そうは言っても、なかなかいいアイデアが出てこない・・・                                                      それなら敬意を持って心から「笑顔であいさつ」を意図的にやりましょう。                              もっともっと「お客の立場だったら」どうなのか?を考えて行きましょう。

逆の立場で、あなたは

「〇〇のことなら●●さん」というお店はありますか?

「安いから」、「近所だから」、「そこしかないから」

という単純の理由(その部分も大切ですが・・・)それ以外にも

そこに行けば「気軽に話せる。」                                                                                          そこに行けば「気軽に相談できる。」                                                                                   そこに行けば「悩みを聞いてくれる。」                                                                                  そこに行けば「自分にあったものを提案してくれる。」                                                           そこに行けば「解決策を提案してくれる。」                                                                           そこに行けば「どれがいいか?どっちがいいか?迷った時に的確に答えてくれる。」              そこに行けば「期待を裏切らない。」                                                                                    そこで買うことで「アフターフォローがある。」                                                                        そこで買うことに「不安がない。」                                                                                         そこには「安心感がある。」                                                                                                 そこには「信頼関係がある。」

あなたの「行きつけの店」ってこうゆう所なのではないでしょうか?

ソフトバンクの孫正義氏いわく                                                                                          「成功する者と失敗する者の差は、頭の差より、性格の差のほうが大きい。」

まずは、敬意を持って心から「笑顔であいさつ」                                                                   自然にできないのであれば、意図的に「心で念じて」から話す訓練をして下さい。                 身につけば、かなり大きいです。

アイデアも「こうゆう姿勢から生まれてくるもの」だと思います。

※先日書いた記事 ⇒ 意識してやるべきこと                              こちらも一緒に読んでもらえば腑に落ちやすいと思います。

 

◆参考まで・・・

チラシを考える際に


自分の商品・サービスが必要な方は、どんな人が対象になるのか?

その対象になる人はどんな悩みを抱えているのだろう?

どうなれば喜んでもらえるのか?


色々と考えていると思いますが


参考になるのでは?と思ったものが、日経の全面広告に出ていました。


横浜 ポスティング 集客職人 



「これでもか」 というくらいに

お化粧に対してほとんどの方が共通している悩みを載せています。

化粧したことはないので たぶんですけど・・・



「人生なんて、きっと眉の書き方ひとつで変えられるんだ。」

「メガネの時とコンタクトの時っておんなじアイメークでいいのかな?」

「娘も今年から中学生。スキンケアって何歳から始めるのがいいのだろう。」

「私のメイクって若作り? 誰か正直に教えて!」

「肌の調子が悪い時ほど化粧品売場に立ち寄りにくい。」

「正直彼のほうが肌がきれいだ。」

「この美容液って、化粧水の前だっけ、後だっけ?」

「ランキング1位の美容液が私の肌に合うとは限らない。」

「洋服みたいにメークもとっかえひっかえ試せたらいいのに」

「私のメーク、もう何年おなじだろう・・・」



おそらく女性の方はいくつかは共感せざる得ないでしょう。



ただ、このパターンは、対象が広すぎるので、大手のやり方です。

あなたがやるとしたら対象者をもっと細かく絞って下さいね。


自分の商品・サービスでできること

それに対して

こんな悩みないですか?をキャッチコピーに持ってくる。



共感した人は

「じゃあ何ができるの?」となります。



「こうなれます。こうなります。」「こうなったらいいですよね」と書いてあれば


「欲望を叶えられるかも?」 「不安・不満を解消できるかも?」



となれば


「行ってみようかな」「試してみようかな」「問い合わせしてみようかな」となります。


色々書きだして 考えてみてくださいね。


カテゴリー: 未分類