ポスティングなら

 

初めて入ったコーヒーショップ。

顔パスで料金を払わずに外に出る。

決して「食い逃げ」ではございません。

 

スマホのアプリを使い                                            位置情報をもとに近隣のこのサービスを使える店のリストから 店を選ぶ。                入店の際に、店員が本人確認し料金を打ち込むと 予め登録したクレジットカードから決済する仕組みなんだそうです。

全米のスターバックス7,000店舗では導入しているようです。

まさにスマート。 ちょっとかっこいいですよね。

今後日本でも普及していくのでしょうか?

 

お客さんの喜ぶ新しいサービスを導入し続ける。 ついていくのは大変そうです。

アナログ人間は、時代に取り残されてしまうのでしょうか?

新しい集客方法にアンテナを張る。大切なことだとは思いますが

江戸時代のかわら版から始まったチラシ集客は、

400年たった現在でも存在しております。

 

先日、同業の仲間より、「アメブロどうなの?」と質問を受けました。                私のアメブロは ポスティング横浜と検索すると約一年間 1位をキープ。             そのために 最初のうちは、コツコツと地道な作業が必要です。

それに 営利目的は基本禁止。いつ削除されるかわからない

「作った方がいいと思うけど、それより、事業所宛のチラシを作って ポスティングした方が早い。」と言っときました。

 

ブログやホームページからお客さんが集まらない・・・

テレアポは嫌だ。

飛び込みも嫌だ。

「お願いします」と頭を下げるのは嫌だ。

 

そんなコマッタちゃんでも

 

 

チラシポスティングなら・・・

 

チラシの作成に時間をかけることは

今回も寄せられた声を紹介させて頂きます。

—————————————-

田島さま

1か月程前に、チラシの添削をしていただき、お世話になりました。 群馬県のフットケアサロンイネスの福地です。

ポスティングする勇気がないので、新聞折り込みをする予定でしたが、勇気を出 してポスティングしてみました。

ウォーキングにもなるし、普段、サロンの近所を歩かないので、結構面白い発見 があります。

ゼンリンの住宅地図を使いましたが、地図を見ながらでも分からなくなることが ありました。

田島さんに見ていただいた、反響なさそうなチラシですが、これも、自分として はやっと作ったチラシなので、ダメもとで300枚ほどポスティングしましたが、 やはり反響はゼロでした。

その後、アドバイスをもとに作り直し、サイズも配りやすいB5にし、150枚配っ た所で、その日のうちに2件たて続けに電話が鳴った時は、ニンマリしてしまい ました。(300枚配った地域とは別の地域に配りました)

2件のうち1件はご予約いただきました。 あとの1件は施術をしてもらう前にお話が聞きたいと言って来店しましたが、実 は営業目的でした。

反響の無かったチラシ300枚配った地域にも、反響のあったチラシを年内に配ろ うと思っています。

また、困った時には、電話相談をお願いするかもしれませんが、その時はよろし くお願いいたします。

ありがとうございました。

群馬県 フットケアサロンイネス 福地

——————————————-

150枚で2件その日のうちに もう少し数を配ってみないとわからないですが、                      出だしは好調のようです。

ポスティングやってみようかな? となってから、                                                                色々考え、自分に言い訳しながら、 実際に配り始めるまで、2,3ヶ月。

もし、思うような結果がでなかったら「ポスティングダメだな」となり終了。

けっこう多い話のような気がします。

 

構想2,3ヶ月。                                                                                                                  やっと出来上がったチラシを勇気を出してポスティング。 反響が出なかった・・・

ヘコむと思います。

チラシに費やした2,3ヶ月なんだったんでしょう?

チラシを配って初めて結果がでる。配ってみないとわからない。

そんな事分かっている。

でも

いいキャッチコピーが浮かばない。                                                                                     反響の出ないチラシを作るのはやだ。                                                                             色々勉強して余計難しく考えてしまう。



2,3ヶ月が過ぎ、疲れてしまい。チラシを作る前に挫折。

それより

手書きでとりあえず出来上がった物を2,000枚印刷してっととと配る。                                  (本気になれば、2,3日で最初のポスティング。)

反響が出たら御の字。                                                                                                       思うような結果がでなかったら、無料メール相談を受けてみる。

「なるほど」

と必ず腑に落ちてきますので、改良して、とっとと配る。

2,3週間で反響のでるチラシを作り上げる。ことは、

それほど難しくない。と思っているのは、私だけなのでしょうか?

初回無料メール相談

正月休みで太ってしまった体のダイエットを兼ねて                                                               なんて理由でやってみるのもいいんじゃないかなと思います。

 

この地図があれば、お宝が見つかります。

今回も寄せられた声を紹介させて頂きます。

———————————————————-                                                                    いつも貴重なノウハウの伝授をありがとうございます!

私は今熟知してるつもりだった地元で配っているので地図なしですが、 いざくまなくポスティングしようとすると「あれ?ここ知らなかった」という小道などがたくさんあり、 地図の用意の必要性を痛感してます^^;

ようやく1000枚くばって2件問合せ(=成約)がありました! これでフロントだけで黒字になったので、 バックエンドのクロージングをがんばりたいと思います!

また報告させていただきますね。                                                                                           ———————————————-                                                                                  で                                                                                                                                      その報告が10日後                                                                                                              ———————————————                                                                                   いつもありがとうございます!

お陰様でバックエンドも成約し、まぁまぁの成果でモチベーションを維持することができています。

こちらのブログのおかげですm(_ _)m

また、地図も作成しました。 ゼンゼン違いますね!

私は一人で配布する時間に限度があるのと熟知したエリアなので、 配布前の予習と、配布後の復習、次回の配布予定を書込む程度ですが、

もうまったく違います!

本当に貴重なノウハウをありがとうございますm(_ _)m                                                          —————————————-

段取りが大切

住宅地図は必ず作りましょう

と言い続けてきたのですが、

「地元なので必要なし」と作らない方は結構多いですね。

そこで住宅地図を作るメリットをいくつか上げておきます。

1,細かい道まで載っている。(ライバルが配っていない独占市場)

2,自分が何処にいるか?迷わずに済む

3,歩いた道をマーキングすることで「何処まで入れたか」管理ができる。

4,スタート時間と終了時間、配布枚数を記入しておけば、そのエリアはどれくらいで配れるのかがわかる。

5,集合住宅のポストの数、投函禁止は×マークを地図に記入することで ,そのデータがあれば、人を使った時に、きっちり配っているかどうか?管理ができる。

6,家族構成、犬、車所有 など 地図にマーキングすることで 独自の顧客リストが作れる。

こんなにメリットがあるんです。

「とりあえずやってみる」ことも大切ですが

今後、続けていこうとなったら「地図作っておけばよかった・・・」と必ずなりますので

最初に段取りをきっちりやることで、時間の短縮になります。

地図の作り方はこちらの記事を参考にして下さい                                                          http://ameblo.jp/pin-p/entry-10923863265.html

 

チラシの最初はぜひ

「OKY」という言葉ご存知でしょうか?

海外(特にアジア)で働く日本企業駐在員の現場の意見が、 変貌振りの速さが、理解されず、意思決定が遅くライバルの海外企業に 負けてしまう現状から生まれた言葉で

「おまえ、ここに来て、やってみろ」の頭文字をとった言葉だそうです。

現場を知る。                                                                                                                      なんの商売でも重要視しなくてはいけないのではないでしょうか?

ここでひとつ ブログに頂いたメッセージを紹介します。

———————————————————–

いつもブログ拝見させて頂いてます^_^

私は芦屋で今年8月にバリニーズスパをオープンしました前田です。

反響の出るチラシをブログで勉強させて頂き実践しております …

少しずつですが約2500枚ほど配り終えた所です…なななんと!

500枚に一件の割合でご予約頂いてます、本当に有難うございました。

機会があれば一度お話ししてみたいな?なんて思っています?

有難うございました。これからもよろしくお願いします\(^o^)/

———————————————————————-

この方は相談なしで実践して結果がでたようです。

来月からは業者を使いポスティングを行なうそうです。

今回お話させていただくことは

チラシを作り自分で配らず最初から、業者を使う。はおすすめしません。ということ

「現場を知る」これをやっておかないと

「本当の反響率」を掴むことができません。

自分で配ることで、結果が思うようにでなくても

チラシが悪かったのか?ポスティングの仕方が悪かったのか?

気づくことができます。

値段の安いところを選んでポスティングを依頼すると                                                            結果が良くても悪くても 「本当の反響率」を掴むことができません。

自分で配ることで、                                                                                                             どこのマンションは入れられて、どこのマンションは入れられないとか                                    1時間で何枚ぐらい配れるエリアなのかとか                                                                       問い合わせをもらった人は、どんなところに住み、どうゆう人なのか?

そうゆう人は何処に多く住んでいるのか?がわかってきます。

それと、大事なことは

現場を知ることで、ポスティング会社の営業マンとの会話から 「ちゃんとしているのか?」「いい加減なことを言っているのか?」すぐに分かります。

残念なことに「いい加減な仕事」をする業者は数多く存在します。

それを防ぐには、現場を知ること。

「OKY」ですね。