スケベな私にとっては・・・

男性専門の ネイルサロンが流行りつつあるようです。                       経済状況が厳しい中、清潔感をアピールしたい。と考えている人に好評なようです。

当初は30~40代の会社員をターゲットと考えていたそうなんですが お客の半数以上は50~60代だそうです。

女性は手を見ますよね。実は私、手が小さく指が細いのでコンプレックスがあるのですが 女性からするときれいな手とよく言われます。 自分では気に入っていない部分をほめられるとなんだか不思議な気分になります。

男性専門 エステサロン

知名度のある企業がやっているならなんとも思わないのですが、 スケベな私にとっては、雑居ビルにあるようなお店ですと、 あっち系の店なのかどうか判断がつきません。

男性専門ネイルサロン なら、そっち系ではないんだと判断がつきそうです(笑)

それと これも私事なんですが、                                      もともと近視でさらに老眼になってくると、近くのものはメガネを取らないと見えず、       遠くはメガネが必要。

ちょうど足の爪がどちらでもよく見えません。

私は平気なんですが、お腹が邪魔して足の爪が切れない・・・ なんて人もいるような気がします。

以前は 耳かき店とかがありましたが、つめも色々応用が効くのではないでしょうか?

ぜひあなたの商売に活かせるかどうか考えてみて下さい。

サロン系はもちろん                                             美容室、理容室、整体院とかでも爪を整えてもらえば嬉しく思う人はたくさんいそうです。

チラシならこんなことも・・・

西友が990円のカラフルな色とりどりフリースを衣料品売り場ではなく、                              食品売り場のくだものの横で売ったところ

売り切れ店が続出。

「これってチラシを使ったポスティング集客と似ている・・・」

本来

「冬物を買おう」「フリースを買おう」「なんかいい服ないかな?」と思った方は、                      衣料品売り場に直行。最初から目的がある人が行きます。

インターネット上のあなたのホームページ、ブログも、                          目的に近い検索ワードで調べた結果、検索順位上位3位以内。                  であれば集客に困っていない方も多いと思います。

しかしながら、ライバルがたくさんいる状態だとなかなか難しいことですよね。

くだもの売り場でフリースを売るということは

買う目的意識のない人に対しての宣伝。 です。

ポスティングでも 目的意識のない人に対しても宣伝ができますよね。

もちろん

「ちょうど〇〇を買おうと思っていた。」

「ちょうど〇〇する予定だった。」

「ちょうど〇〇に悩んでいた。」

という目的意識を持っている人に対しては即効性があります。

さらに

「そうそうそうなのよ」と 心の奥で抱えていた問題が「これで解消できるかも」となったり

「へぇ~そうなんだ知らなかった。」と興味を持ってもらったりすれば

「どこにあるの?」「何だ近くにあるんだ。」「ちょっと行ってみよう。」 「問い合わせしてみよう。」「今度行ってみよう。」となります。

定期的にポスティングすることで

認知度を上げることも

「あ~そういえば行こうと思ってたんだ忘れてた。」

と掘り起こしもできます。

 

とにかく

近所の人は、あなたが思っている以上に

あなたのことを知りません。どこいあるのか知りません。

何をしていて、何が得意なのか知りません。

そして「すぐに忘れられてしまいます。」

自分でポスティングをできるのなら

低予算(5,000円程度)で始められますし

 

「知ってさえもらえれば・・・」と思っているなら

ホームページやブログへ時間やお金をかけるより

ポスティングしちゃった方が、ぜんぜん早いです。

とっとと手書きでチラシを作り

こちらから⇒初回無料メール相談

ご気軽にどうぞ

 

 

 

件名に挑戦状の答えと入れメール下さい。 こちらから pinpointy@gmail.com

チラシは、こんなもの

今、私のもとで、他業種からポスティング会社を立ち上げたいという方に 、           手取り足取り私のノウハウを伝授しています。                                               その方は中堅クラスの薬局屋さんで長年働いていました。

私の話を聞く前までのチラシのイメージはこんな感じだったそうです。

当時働いていた薬局でもチラシを使ったキャンペーンをやっていたそうなのですが、      キャンペーンをやることで売上は1,2倍に上がるが、そのためには広告費がかかり        キャンペーが終われば売上は元に戻ってしまうので、

あまり意味が無い・・・とずっと思っていたそうです。

う~ん

多くの人のチラシに対する固定観念は、

「こんなもん」なのかもしれないですね。

 

何をすれば喜んでもらえるのか?=値引き。

これだと上記に書いた通りになります。

特に、同業他社と同じものを売っているなら

付加価値をアピールすることが大切です。

 

薬局といえば薬のプロフェッショナルです。

シロウトからすれば解らない情報をたくさん持っていると思います。

たとえば頭痛薬

代表的なものといえば バファリン、セデス、イブ とかでしょうか?

体質により、症状により、どれが最も適しているのか あるようです。

風邪薬の選び方 とかもあるのでしょう。

そういった情報を発信することで、定価で売ったとしても、

「薬の事なら〇〇薬局」となる人は多いと思います。

 

同時にお客さんリストを集められれば、

キャンペーンの広告費がかからなかったり

おすすめの新商品の告知もできます。

お客さんは何をすれば喜んでもらえるのか?

どんな悩みを抱えているのか?

今一度、考えてみて下さいね。

教えて チラシ

友達のダイスケくんは イケてる髪型をいつもしています。                      太郎くんは「いいなぁ」と思い、どこの美容室でカットしているのか聞いてその美容室に行って見ることにしました。

そこに行けば、僕もイケてる髪型になれる。と思っていたのですが・・・

数日後、ダイスケくんに教えてもらった美容室に行きました。

美容師さんに「どのようにしますか?」と尋ねられました。

ダイスケくんの名前を出し、同じようにやってほしいと伝えたのですが、

「ダイスケくん?」・・・

相手はダイスケくんを認知していませんでした。

〇〇カット というのがあるのかもしれませんが、そんな言葉を知りません。

しょうがないので、「おまかせで」と・・・                                  いつもと代わり映えしない髪型の出来上がりです。

美容師さんの立場からしても「おまかせで」と言われてしまえば、                  無難な髪型になってしまうのでしょう。

こんな話は、美容師さんが思っている以上に多いと思います。

プロからすれば当たり前の専門用語。

シロウトの人は知りません。

あなたが思っている以上に知らないんです。

「こうして欲しい」ということを

言葉で伝えることが出来ないんです。

時間があればゆっくりと話し合えるかもしれませんが、なかなか難しいのかもしれません。

 

こういったことの無料相談会を開けないでしょうか?

お客さんはどんな悩み、不安、欲望を抱えているのか?

わからなければチラシを配りお客さんに教えてもらいましょう。

買って下さい。というチラシより確実に反響が上がりますし、                    喜んでもらえ、悩みを解決できたらファンにもなってもらえますし、口コミも広がります。

せひやってみて下さい。

まずはこちらの記事を参考に手書きでチラシを作ってみて下さい。

 

リピーターにならないチラシとは

フィトネスクラブやスポーツクラブなどで、                                                                            個別指導を受ける 中高年が増えてきているようです。

専門のトレーナーが着く?                                                                                                 「別にアスリートでもないし・・・そこまでは」                                                                         「それに高いんでしょ!」と思いますよね?

しかし

思っていたより安い。

専門のトレーナーがつくことで自分にあったトレーニングができる。                                       さらに利用している人の感想が聴けたりすれば、                                                               「じゃあそっちにします。」となる人が増えてきているのですね。

入り口はやはり「無料体験会。」

専門のトレーナーをつけることで「こうなれる」                                                                      ということが伝わり、価値観>値段 と感じる。口コミも広がり                                                  逆に「専門のトレーナーが付くのでそのクラブへ」となったりします。

さて

あなたの商売ではどうでしょう?

チラシで無料・半額のキャンペーンをやり、 その時は集客できても、                                       通常料金に戻すと リピーターにはなってもらえていない・・・。

となっていないでしょうか?

クオリティーが値段より価値を感じれば、お客さんは集まります。                  リピーターになってくれますし、口コミにもつながります。

リピーターにするためにやらなくてはいけないことは、

価値観を感じてくれるであろう人を集めること。(ターゲットの絞込み)

付加価値をつけること。(独自の喜んでもらえるサービス。 専門的なためになるノウハウ。)

価値観を感じてくれた人の声(まだなければ次のチラシで・・・)

 

自分の商品、サービスはどんな人が喜んでくれるのか?

その人は、どんな悩み、欲望を抱えているのか?

この部分をきっちり決めてから

無料・半額キャンペーンを仕掛けましょう!

そうでないと、リピーターにならない、

価値観が合わない人が集まってしまいます。

 

手書きでチラシができたら

こちらから初回無料メール相談

添削しています。