睨まれる。

居酒屋のサラリーマンの会話から

「みんなが金を使わないから景気が良くならないんだ!」

あなたも同じ意見ですか? ご商売をやられているなら、景気や政策のせいにするのは 意味のないことなので、やめましょうね。 現状何ができるか? 大切なのはこっちです。

総務省の資料では、個人資産1500兆円のうち6割が60歳以上が持っているそうです。

ここでまた 「あの世に持って行っても、使えないんだから、今っ使ってくれよ!」 なんて聞こえてきそうですが・・・

 

「必要な物は、みんな揃ってるから使わない。」 多分こっちの理由が大きいんだと思います。

民間企業の調査で 「時間にゆとりがかなりある。」と答えた人が多くいます

その時間をどう使いたいのか?の複数回答では

一人の時間を楽しみたい70% 旅行したい70% 夫婦の時間50% 友達・仲間との時間50% 外食40% 子供との買い物40% 趣味の多様化 40% 料理・家事 40% おしゃれ 40%

このデータを見ると アイデア次第で「必要と感じれば消費はする。」と思いませんか?

シニア層をターゲットにした「お一人様旅行パック」は、好調なようです。

あなたの商品・サービスでできること どうすれば、喜んでもらえるのか? 紙とペンを用意してぜひ考えてみて下さい。

思いつかなければ、街に繰り出しましょう!

散歩がてら(ポスティングしながら) 「この人を、うちの商品・サービスで、何をすれば喜んでもらえるのか?」

勝手に観察しながら、考えてみて下さい。 睨みつけたらダメですよ。(笑) ごく自然にお願いします。

このチラシいいね!

久しぶりに「このチラシいいね!」というものが 新聞折込に入ってました。 ブログで、以前別のもので紹介したことがある 新聞販売店のチラシです。

新聞の拡張ではなく、物販です。

9月1日は防災の日。 「備えあれば憂いなし」万が一に備えましょう!

5年間保存できるパン 「ファイブ・スリーフォー・ブレット」

商品説明には、 大変口どけのいい食感になっています。とあり

ご愛読者様特別価格 50セット限定 品切れの際はご容赦下さい。

それともう一品 復興支援! 宮城 牛たんカレー、牛たんシチュー 申し込み締め切り日9月7日 お届けは9月中旬

箇条書きなのでわかりづらいかもしれませんが ポイントをしっかり抑えたチラシに出来上がっています。

広告の勉強をかなり積んでいるのか?

天性のセンスなのか?

聞いてみたいトコロです。

補足で解説していきますと

防災の日という季語?が入っていて 「そうか」「そうだな」と考えてしまい 行動を促さられる。

「5年間保存できるパン」 これは圧倒的な商品力ですね~

「ファイブ・スリーフォー・ブレット」 このネーミングは意味がよくわからないのですが、 販売者からするとどうしょうもないです(汗)

口どけのいい食感。 5年も保存できるパンだと、なんだか硬くて、 パサパサしてそうだと感じますよね。 しっかり「ネックになる部分」を抑えています。

限定性

ご愛読者限定/数量の限定/期日限定 しっかり「特別感」「煽り」が入っています。

※意地の悪い話しますと、多分ですが、納品が2週間後になっているので、 注文が入ってから取り寄せるのではないでしょうか? そうしておけば、在庫を抱えるリスクが無いですからね。

素直に 「注文が入ってから発注しますので、お届けは9月中旬になります。」 なんて書いてしまったら、「時間がかかるなら止めとこ」と思う人がでてきてしまいます。

お届けは9月中旬 とだけ書いてあれば、 「そういうもの」と判断し、深く考る人は少ないです。 「50個限定」という部分も使えなくなってしまいます。

復興支援! これもいいですよね。 「それなら買ってみようかな。」「じゃあ買ってあげようかな。」 と思う人も多いのではないでしょうか?

 

これからは宅配の時代が来る。

あなたが、地域密着でご商売をしていて、 きっちりポステイングをしているのなら 「このような形のチラシ」を一緒に配る。のも面白そうです。

エリアを限定し、日時をこちら側で決められれば、 配送に関わるコストも時間も抑えられます。

それと「直接渡す。」ことになるので、 あなたの本来の商売を知ってもらうチャンスも得られますし 注文してくれた方限定のチラシを渡すこともできますね。

「チラシ作りのヒント」の話のはずが少しずれてしまいました。

もう一度読み直してみて下さい。

チラシで集客していくために

メッセージが届きましたのでご紹介します。

————————————————-

miroku-hairです\(^o^)/

近況報告をいたします。お盆前は、お店も忙しくしていましたが、お盆が明けたら途端に客足がバッタリ…商売をしている上では、多少の抑揚は仕方のない事とは言え、実際ヒマになると危機感を感じます(^^;;

そんな時こそポスティング?先週また、チラシをデザインして250枚程近隣の地域に蒔いてきました。そしたら、早速1名の新規客の方からご来店頂きました(^∇^)

ふ~(^_^;)… 良かった…

美容室は、待ちの商売と言われています。唯一、攻める事と言えば、広告ですね。ポスティングは、安価でかつ手軽、レスポンスもイイ。実体験で言える事と言えば、リターン率は0%では無いと言う事です。

いつも必ず、少なくとも1%前後の反応がありました。反応を増やしたければ、デザイン、キャッチコピー、ターゲット層、ウリ…等々それらを試行錯誤して、テストするしかありませんね(^_^;)

でも、必ず結果や反応があるので、自分の中では『困った時にはポスティング』と言う言葉が一番しっくり来ます(^∇^)

自店はまだまだこれからです。でも、少しずつやり方が分かってきたと思います。田島さん、ありがとうございますm(_ _)m!

まためげずに、これからもポスティングを武器にして参ります。真夏のポスティングは、命を削りますので、もう少し涼しくなって来たら、本格的に再開します\(^o^)/?

またご報告しますm(_ _)m!

—————————————

自分の中では『困った時にはポスティング』と言う言葉が一番しっくり来ます。ある程度コツを掴んでしまえば、こういった感覚になります。

不思議なもので上手く行っていると、アイデアもどんどんでてきます。

そのアイデアを試してみたくなります。いい流れできてますので、反響率が上がることが多いです。

一回試してみて、思ったより反応が出なかった・・・・ってことで諦めてしまったり、休んでしまってる方も多いと思います。

ここからが勝負ですよ!

お金をかけず、小さく試す。 検証してまた試す。

チラシで集客できるようになりたい。と思ってる方はとことん付き合いますからね。

 

美容室をやられている方は

ポスティングよりも街頭配布を選択している方が多いと思います。街頭配布では、チラシのみを配る場合と、販促物(ポケットテッシュなど)と一緒に配るパターンがあのですが、チラシのみだとなかなか受け取ってもらえず、

心が折れ、笑顔が無くなる・・・

これってマイナスイメージが強くでてしまっていると思います。鉄の意志で、明るく元気よく渡し続けることができるのならプラスイメージしか残らないんですけどね。

じゃあ、販促物をつければどうかというと、 受け取っとてもらえる確率は格段に上がりますので 笑顔も持つかもしれません。

ただ 販促物に釣られているだけなので、費用がかかる分微妙です。 しかも受け取ってみると、ほぼメニュー表です。(汗)

自分のお店の売りの部分は何か?

お客さんは何をすれば喜んでもらえるのか?

何ができるのか?

体験した人はどうなったのか?

この部分を書きだしてみて下さい。

それを自分なりにまとめてチラシを作り

2,000程度で試してみる。ぜひやってほしいです。

どう作っていいかわからない。

自信がない。方は

A4でもB5でもいいので手書きでとりあえずまとめて

こちらから相談下さい⇒初回無料相談

チラシ作りのヒント

昨日の朝、網戸にいたカマキリが今日の朝もほぼ同じ位置にいました。

確認してみたら、睨みつけられたので、弱っていて動けないわけではなさそうです。 腹も膨らんでいないので、卵をうもうとしているわけでもなさそうです。

なぜか気に入って、その場所にいるようです。カマキリが考えていることなんてわかるわけはないのですが、 彼?彼女?たぶん彼女の今置かれている現状を考えると、 アドバイスしてあげたい。衝動に駆られました。

カマキリは、早く走れるわけでも、早く飛べるわけでもないので、 保護色を使い、狩りをします。 獲物を取るためには、絶好の場所を確保しなくてはいけません。うちの網戸は、たしかにたまにセミが飛んできたり、 夜には色々な虫が飛んできたりしますが、 絶好な場所ではないです。言葉が通じれば、「ほか行った方がいいよ!」 とおしえてあげることができるのですが・・・

さて チラシに置き換えていきます。

自分では「いい」と思って、ポスティングしてみても 反応が取れない。ことがあります。

理由としては、色々と考えられるのですが

 

キャッチコピーが弱い。

売り込み色が強い。

同業者と同じにみえる。

チラシの導線ができていない。

見てもらえない。

信用してもらえない。

あなたの店を選ぶメリットを感じてもらえない。

それと細かくポスティングしていない。

こんなたくさんの課題をクリアしないとなると 自分一人では無理・・・

 

何かいい方法は?

何回か言ってますが、

やはり、お客さんに聞くのが一番です。

お客さんに聞くことで、

チラシで一番大切な部分

キャッチコピー。

信用を得ること。

のヒントがもらえます。

チラシで信用を得るためにはどうすればいいのか?

継続してもらっている方に聞く。です。 あなたのサービスを受けた人がどうなったのか?

なぜ?どんなところが気に入って継続してもらえているのか?

必ず理由があるので、ここはきっちり押さえておいて下さい。

キャッチコピーのヒントは

新規のお客さんに対しては

どの部分が気になって問い合わせ・来店してもらったのか?

聞いてください。

どんな悩みを抱えているのか?

どんな欲望があるのか?

がわかります。

キャッチコピーの王道。

その悩み、欲望に対して 「問いかける」

〇〇ではないですか?

〇〇が●●に!

そして、その答え

「うちに来ればこうなれる。」「こうなれるかも。」

抑えで

「ほんとかな~?」という感情に対して

継続している方の声。体験者の声。

 

「とりあえず行ってみようかな」

「問い合わせてみようかな」

「保存しとこうかな」

と思わせる。

集客商品。

 

こんな感じで出来上がります。

 

それと

ポスティングしながら、できる限り

「このチラシどう思うか?」聞いてください。

どんなサービスがあれば嬉しいのか?聞いてください。

自分の頭の中にあるアイデアをぶつけてみて下さい。

赤の他人の、無責任なアドバイスも大切にして下さい。

いいヒントがもらえますよ。

世の中には、カマキリでさえも、 アドバイスしたいと思ってる人もいるんですから・・・(笑)

ちゃんと返事ができる方限定!

初回無料メール相談

チラシと農業

大手の不動産会社が、農業体験イベントを運営する企業と組み、 市民農園を利用できる分譲マンションを売り出すそうです。

菜園アドバイザーが、栽培方法を指導し、住民同士で農業を楽しめるそうです。 分譲マンションといえば、オシャレ感たっぷりな イメージ広告が多いのですが

オシャレ感+農業

どんな広告を出してくるのか?要チェクです。

かなり前なのですが、 藤沢で温泉付きの分譲マンションの売出で ポスティングしたことがあったのですが、 最初の5万部でほぼ完売したことを思い出しました。

競合と比べどうなのか?価格・立地 がほぼ同じなら 他と違う。独自性が決め手になります。 あなたの商売でもなにか見つけたいですね。

農業とのコラボは、前回も書きましたが、おもしろそうです。 近所に農家はいないですか? 仲良くなることをおすすめします。

ポスティングの配るルートを組みこみ、 「毎週、欠かさず、手渡しでチラシを届ける。」というのはどうでしょう?

イベント チラシ

今回も百貨店の話です。

大手各社は、売上が見込める店舗の改装に着手していて イベントスペースを多く取り入れていくようです。 話題性、店内の滞在時間が増えることでの購入点数の増加 を見込んでいるようです。

百貨店の戦略なんか聞いても私の商売にはいかせない! と思うかもしれませんが、イベントは考えれば作れます。

先日、畑が多い地域をポスティングしてて、思ったことなんですが なぜか放置されてる野菜が目立ちました。 理由は定かではないのですが、「人出が足りないせい?」 なら 交渉してみるのもおもしろいかもしれません 安く譲ってもらえたり、もしかしたらタダでいけるかもしれません。

朝市を開いて、それを配ったり 〇〇堀り無料  〇〇狩り無料 取放題! とか 花火大会でもスイカ割りでも色々出来ます。 近隣のお店とタイアップしてもおもしろいかもしれません。

何かイベントをすることで どこで何をやっているのか覚えてもらえます。 あなたのことを覚えてもらえます。 あの店おもしろいと思ってもらえます。

返報性の原理も働きます。 ライバルに勝てますよね。 なるべくお金をかけずに考えてみて下さいね。

(返報性の原理)ウィキペディア

ひとりじゃないから

夏のバーゲンに行くかどうかの問いに対し、

女性で7割、男性でも4割の人が、

「行く」「行きたい」と答えたそうです。

私は、行ったことがないのでよく知らなかったのですが、

7月に入れば、バーゲン。というのは夏の風物詩 だったそうです。

 

このバーゲン商戦が、今年は失敗に終わったようです。

目の付け所がシャープでしょ!のシャープでも、

株主からは「何処に目をつけてたんだ!」とツッコミが入っています。 お客さま目線をつかむのは、難しい世の中です。

今回は百貨店の話です。 (シャープ関係無いじゃん。のツッコミは無しです。)(汗)

 

スケジュールは売り手側の一存で決められる。

ただ、それに合わすかどうか決めるのはお客さん。

バーゲン商戦が空振りに終わった原因として、 値引き期間を短くしたい。ということで、

開催を半月ずらしたんだそうです。

結果として、「顧客に混乱を与えてしまった。」との反省の弁。

なかなか難しいものですね。 期間を絞ることで、限定性を煽り、売上につなげることができると、 踏んでいたのだと思うのですが、 開始時期を同じにして、期間を短くすれば、どうなっていたのか? というのも気になるところです。

 

長年培った、生活パターンの、他の店と比べたり、お中元の買い物のついでに立ち寄ったり、 することができず、いつもと違う状況で、「安いけど、やっぱいいや」「今日はやめとこ」など

逆に「冷静に判断されてしまった。」

人は勘定でものを買うのではなく、感情でものを買う生き物なので 冷静な判断をされたら、売上は落ちてしまいます。

飲食業界では、安売りするだけでは、集客が難しくなってきていると言われています。

 

初回のみ半額、期間限定、先着〇〇名様のみ〇〇

もうこういった手法は、通用しなくなってきているのか?

 

そうではないと思います。

ただ、大切なことは それよりもまず 自分の商品・サービスで何ができて、

何をすれば、喜んでもらえるのか?

やはりここですね。

この部分をベースにして  ”煽り”(初回のみ半額、期間限定、先着〇〇名様のみ〇〇等) を

付け加えて行きましょう。

シャープもうまくいってない。 大手百貨店でも掴みきれない。

お客様目線を掴むなんて なんだか難しそうだな・・・わかるわけ無いでしょ!

と思ってしまったかもしれませんが・・・

わかんなければ、お客さんに聞いてしまいましょう!

チラシを作りポスティングすることで お客さんの答えが帰ってきます。

※チラシの大きな特徴として、直ぐに結果がわかる。

中学生のお小遣い程度で試せることなので、 まずは試してみる。

検証する。 一度であきらめずまた試す。

あきらめなければ、 絶対生けます。絶対活けます。絶対行けます。

生活して行けます。(ちょっとうまくないですか?(笑))

 

ひとりじゃない。

強い味方がここにいますしね。

不謹慎で申し訳ございません。

ジャーナリストの山本美香さんが

シリアで先頭に巻き込まれ死亡した記事で

日経に印象に残る言葉が載っていたので紹介します。

「目をそらしても現実が変わるわけでもない。そうであるなら、 目を凝らして耳を澄ませば、今まで見えてこなかったこと、 聞こえなかったことに気づくだろう」

いささか不謹慎ですが、

ポスティングに当てはめてみたいと思いました。

自分でポスティングすることで、目を凝らすことで、耳を澄ますことで

ヒントになることはかなりあります。

先日の勉強会でチラッと話したことなんですが

リフォームのチラシ(塗装がメイン)一軒家のみのポスティングの依頼を受け 現場に出ていたのですが、

すごく気になったことが

コケが生えてしまっている。家がやたらと目立ちました。

塗装の依頼をすると100万円前後するようなので

したいと思っていても、行動に移せない人はかなりいるのではないでしょうか?

そこで、コケを落とす高圧洗浄というものは、聞く所によると3万前後でできるようなので

これを集客商品にし、訪宅してから塗装を勧める。

もしくは、そこで信頼関係を気づけば、次にも繋がるし、紹介も生まれる可能性もあります。

 

事件は現場で起こってる。 アイデアは現場に転がっている。

ポスティングしながら、同業者、他業者問わず、観察し

儲かってそうだな? ⇒どうゆうところがそう思ったのか?

暇そうだな?⇒自分だったらどうするだろう?

なんか気になる。⇒どの部分がそう思ったのだろう?

入りづらい雰囲気だな。⇒なぜ?

かなり参考になると思います。

それと

ポスティングをしながら、手渡しを積極的にして行きましょう。

その場で目を通してくれた方には、”間合い”をおいて

どう思ったか? 聞いて行きましょう。

私なら、「思ったより問い合わせが少ないんで、チラシが悪いんですかね~ どお思います?」と下手にでながら聴きます。

すると「そうねぇ~」とかなり真剣に考えてくれる人、けっこういます。

たまに、話し好きの人に捕まって、関係ない話になるかもしれませんが・・・

仲良くしとけば悪いことはないですよね?

 

死亡記事から軽い終わり方になってしまいましたが

山本美香様 ご冥福お祈りします。

まんまとハメられました。

ユ◯クロの柳◯さんが言いました。


「やはり販促はチラシですね。

チラシは売上が読めるから一番いい。

売上が読める媒体はチラシしかないですよね」


今回買った本に書かれてました。

アマゾンで本をよく買うのですが

売り方がうま過ぎます。

私が今まで買った本をもとに 

「あなたにはこの本などいかがでしょう?」

とメールが来ます。

まるで執事(しつじ)のようです。今までひつじだと思ってました。(恥)

本屋に行ったときに手を出すであろう本を

紹介されます。

なんかいい本ないかな?と本屋に行くと

私の場合、結構時間を使ってしまうのですが・・

時間短縮になります。


その策略?にのり3冊買いました。

そのうちの一冊がこれ

売れない時代は「チラシ」で売れ! (DO BOOKS)/佐藤 勝人
¥1,575
Amazon.co.jp

参考になると思います。



実践者の声↓↓

エステ240枚で1件の反響がでた人の声

エステ500枚で1件の反響がでた人の声

小売業 75枚で1件の反響がでた人の声

小売業 50枚で1件の反響がでた人の声

サロン200枚で1件の反響がでた人の声

サロン360枚で1件の反響がでた人の声
美容室125枚で1件の反響がでた人の声

美容室250枚で1件の反響がでた人の声

学習塾300枚で1件の反響がでた人の声

整体院400枚で1件の反響がでた人の声

リフォーム200枚で1件の反響がでた人の声

ハウスクリーニング450枚で1件の反響がでた人の声

広告業160枚で1件の反響がでた人の声


********************

お問い合わせ TEL:045-383-9108

メールで問い合わせはこちらから

初回無料メール相談はこちらから

料金についてはこちらから

成功事例

ポスティングのコツ

反響の出るチラシ作りのヒント

100枚ポスティングすれば1件必ず集客できる方法

㈱ピンポイント

横浜市栄区小菅ヶ谷2-8-65

TEL045-383-9108

*********************


最近「アメブロを削除さた。」という話をよく聞きます。

怖いですよね。

私のブログもいつ削除されるかわからないので

バックアップをワードプレスで作りました。

「私と別れたくない!」(笑)という方は

こちらをお気に入りに登録 していただければ

うれしいです。


P.S.

かなりショボイですがご勘弁を


こちらもよろしくです。↓↓







カテゴリー: 未分類

もっとイケます。

ポスティングでがんばってる人の声が届きましたので紹介します。


------------------------------------


数ヶ月前に無料相談でチラシのアドバイスを頂いた●●です。


広告、フリーペーパーなどでは全くといって成果がなく、

自分自身もアナログ人間の為、チラシを作り相談させて頂きましたが、

アドバイスを頂き改良して、800枚から1000枚程、

店近くと家近く(店から歩いて15分)を何度か同じところを配り、

3名様のご来店、3名様が顧客様となりました☆


チラシを何度か改良したのでチラシをお持ち頂いて、

何が良くて来て頂けたのかを聞いてみたりもして今後のチラシ作りに役立ててます☆

blogを拝見しながら、アナログですので
私自身が配ってみようと自信になるblogでした☆


アドバイスと共に 大変感謝しております。
まだまだなお店ですが 頑張ってチラシを配っていこうと思います。
ありがとうございました☆
--------------------------------------


この方はプライベートサロンをやられている方です


300枚で1件の集客ですね。


チラシを作る⇒ポスティング⇒検証・お客さんに聞く⇒チラシをつくる。


このままがんばって続けていけば、必ずいい方向に進んでいくと思います。



ちょっと気になったのが


お店中心に徒歩15分圏内で1,000枚


多分ですが、

地域的に見て徒歩15分圏内だと世帯数は5,000~1万世帯ぐらいありそうです。


私が推奨しているのは、

固定観念を捨てて店舗中心に1件くまなく配ることなのですが、


現状


ポストを選んで配っているか?


住宅地図を作らず配っているか?


どちらかのような気がします。



細かく配るメリットは

駅前のマンションや団地などは、普段たくさんのチラシが入っているため

目を通してもらえる時間は0.5秒 


ほんの一瞬の判断でゴミ箱行きの可能性が高い。


しかし細かく配ることで

普段チラシが入っていないポストに入れられるので

じっくり目を通してもらい必要かどうか?きっちり判断してもらえること


この差は凄く大きいってことを実感して欲しいです。


細かく配ることで反響が2倍以上になる確率は高いです。





初回無料メール相談


実践者の声↓↓

エステ240枚で1件の反響がでた人の声

エステ500枚で1件の反響がでた人の声

小売業 75枚で1件の反響がでた人の声

小売業 50枚で1件の反響がでた人の声

サロン200枚で1件の反響がでた人の声

サロン360枚で1件の反響がでた人の声
美容室125枚で1件の反響がでた人の声

美容室250枚で1件の反響がでた人の声

学習塾300枚で1件の反響がでた人の声

整体院400枚で1件の反響がでた人の声

リフォーム200枚で1件の反響がでた人の声

ハウスクリーニング450枚で1件の反響がでた人の声

広告業160枚で1件の反響がでた人の声


********************

お問い合わせ TEL:045-383-9108

メールで問い合わせはこちらから

初回無料メール相談はこちらから

料金についてはこちらから

成功事例

ポスティングのコツ

反響の出るチラシ作りのヒント

100枚ポスティングすれば1件必ず集客できる方法

㈱ピンポイント

横浜市栄区小菅ヶ谷2-8-65

TEL045-383-9108

*********************


最近「アメブロを削除さた。」という話をよく聞きます。

怖いですよね。

私のブログもいつ削除されるかわからないので

バックアップをワードプレスで作りました。

「私と別れたくない!」(笑)という方は

こちらをお気に入りに登録 していただければ

うれしいです。


P.S.

かなりショボイですがご勘弁を


こちらもよろしくです。↓↓







カテゴリー: 未分類