集客チラシのヒント

本日も新聞に折り込まれていたチラシを
勝手に添削したいと思います。

まずはチラシをご覧ください。



最大30%という文字がやたら目立ちます。
黄色と緑の2色刷りというのもはけっこう珍しいので目立ちますね。



「何のチラシ?」

と思い

「手芸ね。」

となります。

※もしかしたら、男の私は「手芸にはまったく興味が無い」ので
「お門違いな話」になってしまうかもしれませんが
とりあえずお付き合い下さい。(笑)



裏面を確認。



「げっ!」

情報量が多すぎて
見るのを拒絶してしまう方も多いのではないでしょうか?

よく見てみると

「1Day講習会」や「手作り体験フェアー」などのイベントを
小さく載せています。

私ならこの部分をメインに持ってきます。

恐らく、この会社さんはミシンを販売するのがメインだと思いますが
私だったらミシンのことは「一切載せません。」

逆に

「この店行ったらミシンの営業をかけられるかも?」
と思われるのはこの時点では避けたいところです。

イベントに来てもらって色々と体験してもらって

「ミシンが欲しいな。」という方のみに
勧めれば良いと思います。

こんなのはどうでしょう?

幼稚園、保育園や小学生の入学に合わせて
あなたオリジナルの手作りの
お弁当袋や体育服入れ、トートバックを作ってみませんか?



イベントをメインにチラシを作ります。
ちょっと問題なのが
男の私には、「いまどきの女性って」

「お弁当袋や巾着などは誰でも簡単に作れるのか?」
「ミシンは普通に家にある物なのか?」

がちょっとわからないので

「作る自信がない…」 「ミシンは家にない」
って方はけっこういると仮定した形になります。

それともう一つ
イベントをやらないでチラシを作るとしたら…

この記事を書いていた時にタイミングよく
NHKのあさイチ!で

・ニットを干した時のハンガーのあとを取る方法。
・縮んだニットを戻す方法。
・伸びたニットを戻す方法。
・スーツのテカリを取る方法。
・絨毯についたシミを取る方法。

などを特集していました。
これって
けっこう知りたい人は多いのではないでしょうか?

手芸屋さんなら
シロウトが知らないこういった情報って持っていそうですよね?

※スチームアイロンを使って対処する方法が多かったので
スチームアイロンを扱っているなら売れそうです。(笑)

こういった情報を

定期的にチラシを配り「教えてあげる」

すると

あのお店に行けば
「わからないことを教えてもらえる。」

「手芸の事なら〇〇店」と認知してもらえると思います。

定期的にチラシを配ることで
お客さんに知ってもらう。

知って得する、知らないと損をする情報を教えてあげることで
あなたの店を選んでもらう。

あなたもぜひ考えてみてください。

PS

NHKのあさイチ!では

・画鋲で空いた穴の補修
・畳のへこみの直し方
・じゅうたんについた跡の取り方

などもやっていました。

これについても別のブログで
書く予定です。

興味がある方は
時間をおいてからコチラを覗いてみてください。