行政書士 チラシ

よせられた声を紹介します。

—————————————-
以前にチラシの内容を見て頂いた、〇〇です。
ポスティングの結果をお知らせすると言っておきながら
随分と時間が経過してしまいました。
すみません。

アドバイスを頂き、ひとまずはチラシ印刷の激安業者にて
4000枚を作成しました。(4000円でした。安い。)
11月から時間を見つけてポスティングをしておりましたが、
言い訳ですが、業務に追われたりでまだ3000枚程度を
配り終えた段階です。
かなりペースダウンしております・・・。
しかし、2か月が経過して本依頼を含む、問い合わせが
3件ありました。本依頼では2件です。残りの1件も
本依頼には結びついておりませんが、ご相談にいらっしゃいました。
初めてのポスティングとしては上々と考えております。
高齢者を対象としている業務はネット広告では浸透がしづらいので
今後も時間を見つけてポスは続けようと考えております。
的確なアドバイスありがとうございました。
————————————————–

この方のご商売は行政書士

1,000枚で1件の問い合わせ 2件契約。
業種的に見て客単価は低く無さそうなので
出だしとしてはまずまずなのではないでしょうか?


ポスティングはここからが面白くなってきます。

お客さんはなぜ?問い合わせしてくれたのか?
お客さんはなぜ?来店してくれたのか?
お客さんの多くはどんな悩みを抱えているのか?

ピントが合っていなかったり、
微妙にポイントがずれていたり、していたことに気づけたりします。

それと

そのお客さんの悩みが解消しその後どう変わったのか?事例を作れます。


この2つを得ることで

ドンドンと反響のでるチラシが出来上がっていきます。



多くの人はこんな悩みを抱えています。あなたはどうですか?                             今コレの話題沸騰中です。興味はないですか?

「私のことだ、そうそうそうなの」 「気になる、ほしいかも?」(共感)

こうなれます。こうなれるかも?

「ほんとかな?」(疑心)

こんな悩みを抱えていた人が、こんなふうに解決しました。                      これを使った人の喜びの感想です。

「いいな~私もそうなれるかも」(信用)


限定性をアピール (行動)




反響がでなかったらどうしよう。うまくいかなかった自分が許せない。

良いキャッチコピーが浮かばないからなかなかチラシが作れない。

「忙しい」という言い訳を意識的、無意識につくりポスティングができない。



そんなあなたにエールを送ります。


「小さいことを積み重ねるのが、
とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。」
by イチロー


「成功の反対は失敗ではなく、やらないことだ。」
by 佐々木則夫(サッカー女子日本代表監督)


「自分がわかっていないことが、わかるということが一番賢いんです。」
by鷲田清一(哲学者)


「前向きにもがき苦しむ経験は、すぐに結果に結びつかなくても、
必ず自分の生きる力になっていく。」
by落合博満


「負けたことがある。というのが いつか大きな財産になる。」
by安西監督(スラムダンク)


「あきらめたらそこで試合終了だよ。」
by安西監督(スラムダンク)


「一番いけないのは自分なんかダメだと思い込むことだよ。」
byドラえもん


「君はこれからも何度もつまずく、でもそのたびに
立ち直る強さを持っているんだよ。」
byドラえもん


「この世に生を受けたこと。それ自体が最大のチャンスではないか。」
byアイルトン・セナ


なにか刺さった言葉があればうれしいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。