行きつけの店になってもらうために

地域密着の商売をしているなら、

「〇〇のことなら●●さん」となってもらえたら心強いですよね。

そのためには、あなたの商品・サービスで何ができるのか? 何をすれば喜んでもらえるのか? 死ぬほど考えましょう。

そうは言っても、なかなかいいアイデアが出てこない・・・                                                      それなら敬意を持って心から「笑顔であいさつ」を意図的にやりましょう。                              もっともっと「お客の立場だったら」どうなのか?を考えて行きましょう。

逆の立場で、あなたは

「〇〇のことなら●●さん」というお店はありますか?

「安いから」、「近所だから」、「そこしかないから」

という単純の理由(その部分も大切ですが・・・)それ以外にも

そこに行けば「気軽に話せる。」                                                                                          そこに行けば「気軽に相談できる。」                                                                                   そこに行けば「悩みを聞いてくれる。」                                                                                  そこに行けば「自分にあったものを提案してくれる。」                                                           そこに行けば「解決策を提案してくれる。」                                                                           そこに行けば「どれがいいか?どっちがいいか?迷った時に的確に答えてくれる。」              そこに行けば「期待を裏切らない。」                                                                                    そこで買うことで「アフターフォローがある。」                                                                        そこで買うことに「不安がない。」                                                                                         そこには「安心感がある。」                                                                                                 そこには「信頼関係がある。」

あなたの「行きつけの店」ってこうゆう所なのではないでしょうか?

ソフトバンクの孫正義氏いわく                                                                                          「成功する者と失敗する者の差は、頭の差より、性格の差のほうが大きい。」

まずは、敬意を持って心から「笑顔であいさつ」                                                                   自然にできないのであれば、意図的に「心で念じて」から話す訓練をして下さい。                 身につけば、かなり大きいです。

アイデアも「こうゆう姿勢から生まれてくるもの」だと思います。

※先日書いた記事 ⇒ 意識してやるべきこと                              こちらも一緒に読んでもらえば腑に落ちやすいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。