自分でポスティングすることで解ること

成功事例の紹介です。

便利屋さんのチラシポスティング

200枚で1件の反響です。

———————————————————–

田島様

9月にチラシについて無料相談でメールしました小林と申します。                    その後の結果について あれから4通り程のチラシを作ってまいてみました。           合計で1万2000枚程です。

(一部省略)

最初に新聞折り込みで 2000部―――1件受注 2500部―――0

ここから手配り                                                                                                                    リソグラフで 3000部―――4件受注(問い合わせだけ3件)  合計7件の電話あり

カラー1作目 5000部―――3件受注(問い合わせだけ2件)  合計5件の電話あり

カラー2作目 4000部(配布途中であと1000枚残ってます) ―――7件受注        (問い合わせだけ5件)  (見積もりだけ3件)   合計15件の電話あり

こんな数字になりました。

配ってみると団地では競合社のチラシがありましたが、                       戸建て住宅ではまったくありませんでした。                                また、最初は戸建ての家持ちが裕福と思っていましたが、                      意外にも都営住宅ではかなりの資産を持った 人が住んでいるのを発見しました。       手配りの配布割合 団地6割  戸建て4割 といった具合でした。

自分で配って思ったことは 近隣情報がすごく集まる、というのが実感です。            見ているだけでも集まるでしょうが、 手渡ししながら、その家の人と立ち話することで       見るだけでは分からない、近所の話しが入ってきました。                      「あの家は年寄だけで困っている」                                    「この団地は年寄が多いので雪かきにいつも困る」                          「自治会長が年取っているので照明器具の取り替えに困っている」                 きりが無いくらいいろいろ聞けました。                                                                                    便利屋は困り事解決が仕事なので話しが聞けるのはタイヘンありがたいことです。

情報の収集に成功?したのも田島さまのホームページを見た結果です。                             感謝しています、ありがとうございます。

————————————————————————

新聞折込で4500枚で1件だったものが 

自分でポスティングすることで430枚で1件

検証して継続したことで200枚で1件

 

自分で配ることで、私が何度か伝えている

あれこれ机の上で考えるより、「お客さんに聞いたほうが早い。」こと

自分でポスティングすることで、いろいろな情報が入ってくること。

次のチラシ作りのヒントが見つかること。

「この家はポスティングしても無駄。」と家の外見だけで、判断してはいけないこと

細かく配ることで

配りやすい所は他社のチラシが入っているが

「チラシの入っていない独占市場」があることに、気付けること。

行動すれば、「ストン」と腑に落ちてきます。

頭で理解することと実際にやってみる。こと

ぜんぜん違います。

全然違います。

ゼンゼン違うんです。

とりあえずチラシを作る。(手書きでいいんです。)

2000枚 印刷する (5000円以下で抑える。)

半径500mの住宅地図を作る(ゼンリンがいいです。)

自分で配る。(最初は自分自身でやるべきです。)

検証する。

繰り返す。

モチベーションが下がってしまったら・・・

私がここにいますよ!

初回無料メール相談

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。