教えて チラシ

友達のダイスケくんは イケてる髪型をいつもしています。                      太郎くんは「いいなぁ」と思い、どこの美容室でカットしているのか聞いてその美容室に行って見ることにしました。

そこに行けば、僕もイケてる髪型になれる。と思っていたのですが・・・

数日後、ダイスケくんに教えてもらった美容室に行きました。

美容師さんに「どのようにしますか?」と尋ねられました。

ダイスケくんの名前を出し、同じようにやってほしいと伝えたのですが、

「ダイスケくん?」・・・

相手はダイスケくんを認知していませんでした。

〇〇カット というのがあるのかもしれませんが、そんな言葉を知りません。

しょうがないので、「おまかせで」と・・・                                  いつもと代わり映えしない髪型の出来上がりです。

美容師さんの立場からしても「おまかせで」と言われてしまえば、                  無難な髪型になってしまうのでしょう。

こんな話は、美容師さんが思っている以上に多いと思います。

プロからすれば当たり前の専門用語。

シロウトの人は知りません。

あなたが思っている以上に知らないんです。

「こうして欲しい」ということを

言葉で伝えることが出来ないんです。

時間があればゆっくりと話し合えるかもしれませんが、なかなか難しいのかもしれません。

 

こういったことの無料相談会を開けないでしょうか?

お客さんはどんな悩み、不安、欲望を抱えているのか?

わからなければチラシを配りお客さんに教えてもらいましょう。

買って下さい。というチラシより確実に反響が上がりますし、                    喜んでもらえ、悩みを解決できたらファンにもなってもらえますし、口コミも広がります。

せひやってみて下さい。

まずはこちらの記事を参考に手書きでチラシを作ってみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。