意識して行きましょう

テーマパークなどのレジャー消費が堅調なようです。                         ディズニーランド・シーの入園者数は前年比約23%UP                        震災後の自粛の反動だけではないようです。

今年で開業30周年を迎えたディズニーランド                             40歳以上客層は約20%。10年前と比べ、約5%増えているようです。                   子供の頃、若い頃に来た人が、子供や孫を連れて来場しているようです。

オリエンタルランドの社長はこのように言っています。

「祖父母がお金をかけて孫にモノをプレゼントしても一瞬で終わってしまう。だがテーマパークなら同じ空間に長い時間一緒に入られる。3世代で時間を一緒にに過ごせるテーマパークであり続けなくてはいけない。」

客単価は過去最高を記録したようです。                                 消費者の所得が増えず、支出に対する考えはますますシビアになっている中、

バブル時代よりも客単価が高いそうです。

居心地のいい空間、喜び、感動。

チラシのキャッチコピーの基本の部分

「何をすれば喜んでもらえるのか?」

「どんな悩みを抱えているのか?」

大切なことは一緒です。

常に意識していなければいけないことだと思います。

チラシで集客して集まったお客さんに対して

期待以上の体験を与えることができれば・・・

どうなりますか?

「ご来店いただきありがとうございます。」

「問い合わせいただきありがとうございます。」

心から感謝する。

あなたの態度に現れ、相手にも通じます。                               意識してやるのとやらないのとでは、伝わり方が変わります。

あっ!

いいこと思い出したのですが・・・長くなるので続きは次回に

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。