商売の肝は、覚えること。覚えてもらうこと。

ここ2,3ヶ月で月に2~3回行っている
ラーメン屋さんがあります。

そこでは
食券を買ってカウンターに置くと
「お好みはありますか?」と聞かれます。

私の場合、その店では、

その時の気分で「普通で」か「ちょい薄で」と答えるのですが(「ちょい薄」の方が頻度は多い)
※ちょい薄=しょうゆを少し薄め

前回行った時に初めて

「ちょい薄でよろしいですか?」と聞いてきました。
こういうことって小さなことですが
結構嬉しかったりします。

店から覚えてもらう=知ってる店



何気ない会話が始まる=知り合いの店



知り合いの店⇒友達や知り合いに紹介したくなる。

繁盛している店は
実は、こういったことが大きいのではないでしょうか?

お客さんのことを覚える
あなたがもし接客業をやっているなら
ぜひ意識を集中してやって欲しいと思います。

美容室や整体院などの方はとくに
初めて来店してくれたお客さんと色々な会話をすると思います。

どんな会話をしたのか覚える自信がないのなら
ぜひノートなどにメモをして1日の終りに振り返って下さい。

2回目に来店した時に、
何気ない会話のことを覚えていてくれた。

お客さんにとって嬉しい事です。

そうなると

「また来よう!」

「友達も連れてこよう!」

「友達を紹介しよう!」

となる確率は上がります。

 
さて

リピートしてもらうことよりも
先立つのは集客って方もいると思います。

今度はあなたがお客さんを覚えるのではなく
お客さんに覚えてもらうことが重要になります。

 
まずは
チラシポスティングで

あなたの店を知ってもらう。
どこにあるのか知ってもらう。
あなたのことを知ってもらう。
何ができるのか知ってもらう。

 
定期的・継続してチラシをポスティングすることで

お客さんに覚えてもらえます。

あなたのことを忘れていた人も
チラシポスティングで思い出してもらえます。