チラシ集客 反響が下がる。やっていはいけない。やりがちなこと。

どうせ配るなら反響が出る方がいい。
もちろん誰もがそう思っています。

しかし
多くの人から反響をもらえるように考えて作ったチラシが

逆に
反響を落とす原因になっている可能性があります。

「アレも出来ます。」「コレも得意です。」と
できることをズラズラと載せてしまうことです。
みなさんが作ったチラシを 添削させてもらう機会は多いのですが。
けっこうこういった方は多いです。

きつい言い方をすると

「メニュー表」にしか見えません。
メニュー表では反響はでません。
何かひとつに絞ってチラシを作りましょうと
アドバイスしています。

もしかしたら

何がいけないの?

宣伝して知ってもらわなくてはしょがないでしょう!

と思ったかもしれませんね?

あなたがもし

買う気もない。今時点で興味もないことなのに
メニュー表を渡され

「これどうですか?」
「すごくいいですよ!
「これなんかもあなたに合うと思いますよ」
「今ならおトクなので買いませんか?」

と言われたらどうでしょう?

絶対買わないですよね?

チラシであなたはこれと同じことをしています。

いやいや

もちろん興味が無い人がたくさんいるのはわかっている。
でも中には興味がある人がいる。
そんな人を集めるのがチラシの役目でしょ!
と思ったかもしれませんね。

もちろんその通り なのですが
メニュー表ではダメだということなんです。
「〇〇のことなら お任せ下さい。うちはなんでもできます!。」
っとズラーっとできることを並べる。

「ふ~ん そうなんだ…」

「で?」

で終了ではないでしょうか?

色々できるなんてお客さんからしたら「どうでもいい」ことなんです。
お客さんが知りたいことは

「じゃあ私にとってどんなメリットがあるの?」ってことです。
そのためにやらなくてはいけないのが

・あなたの商品、サービスでできること。
・その商品、サービスでお客さんのメリットになることは何か?
・どんな人なら喜ばれるのか?

を考え

その人はどんな悩みを抱えているのか?を仮定して

・キャッチコピーを考える。

・その答えを載せる。
※最初に考えた商品、サービス。

・本当かどうかの根拠
お客さんの声、事例などを載せる

・どんな人がやってるの?
プロフィール、この仕事を始めるきっかけなど

・集客商品
儲かる商品ではなく、お客さんを集める商品。

・アクセス方法

こんな感じです。
あれこれたくさん載せるよりひとつに絞ったほうか
反響が出る可能性が高くなることが何となくわかったでしょうか?

 
PS

別のブログで

新聞に折り込まれていたチラシで
「メニュー表にしか見えないチラシ」をもとに
添削した記事を書いているので⇒ コチラも参考にして下さい