チラシ反響率 100分の3 です。

マックの原田泳幸(えいこう)氏の記事が新聞に出ていました。

「おかしい、客足が戻ってこない・・・」

もはや100円メニューにはお得感がない。

売上高が9年ぶりにマイナスになることが確実になり 新たな戦略を打ち出しました。

1,60秒無料サービス 2,ビックマックの活性化 3,朝食メニューの強化

中でも話題となっているのは60秒無料サービス。

早くも、週刊誌、やネット上では、 60秒破りの方法などがでまわっている。ようです。

今年の成人式には、新成人にビックマックを無料で配り その数25万食。新成人の20%を占めたそうです。

デフレ脱却?の流れの中で

原田氏は、「無料」にこだわっているようです。

この戦略は吉となるのか?今後を注目して行きましょう。

 

さて

今回は、ある事例をもとに、無料とゆでガエルの話。

 

半年ほど前、あるチラシをみて

「これはいける。」と思ったものを発見しました。

早速、その業種のクライアントに

「これやりましょう。 丸パクリでもいいし、アレンジしてもイケるんじゃないでしょうか?」 と声をかけてみました。

その業種の現状は数年前は儲かってしょうがなかったのですが ジリ貧状態。

チラシのマイナーチェンジはしていましたが、

なかなか以前の売上には戻ってこない。にも関わらず、

いろいろな理由を上げて行動に移せない。

かつての栄光「このやり方で儲かった。」という「ゆでガエル」状態。

試してみることさえしてくれませんでした。

 

そこで

「だったら、俺がやってみる。」と

2,000枚チラシを配ってみました。

その業種の反響率は現状 3,000枚で1件でればという状況の中

2,000枚でなんと70件の反響がでました。

7件じゃないですよ70件です。

ポイントはやはり「無料」

ある部分を無料でやることで

「確実にお客さんに喜んでもらえた。」結果です。

喜んでもらえれば 「返報性の原理が働き、リピーター、見込み客が増える。」

同業他社が多い中でも「〇〇のことなら●●さん。」となる。

これを続けるとどうなるか?

商圏を5万世帯に絞るとしたら1,750件の見込み客

1年に1回依頼があっただけで1日5件

これが1ヶ月に1回なんてことになったら1日60件です。

店舗展開しないのであれば、広告費は必要じゃなくなってしまいます。

 

無料で「確実に喜んでもらえる。」ことはないでしょうか?

お金を極力かけずに、 「時間や手間をかけることで喜んでもらえることはないでしょうか?」

「知って得すること、知らないと損すること」 お客さんにとってためになる情報はないでしょうか?

ぜひ、考えてみて下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。