チラシ作りの基本もやはり一緒です。

インターネット経由で個人が海外からブランド品を購入するケースが増えてきているようです。
同時に、                                                    粗悪品をつかまされたり、商品が届かない。などのトラブルも増えてきているそうです。

そこで人気ができているのが

「個人輸入代行サービス」

商社の海外駐在員の家族や、国際結婚で移住した人などが買い付けをして           会員になった人に売る仕組みだそうです。

料金の支払は前金ではなく、商品が手元に届いてから.                         円高でサービスを利用する経費が日本で買うより安くなる。                             海外でしか売ってないものが手に入る。

メリットは十分ですね。

「代行サービス」は、
家事・そうじ・買い物・犬の散歩・チケットの購入・営業・電話受付・テレアポ・
違法なものでは、受験。 親が代わりに大学受験を受けてバレた。事件も以前にありました。

こういったアイデアの考え方の基本は、
「何をすれば喜んでもらえるのか?」
「困っていることは何か?」ですよね。

チラシ作りの考え方でも 大切なのは、
やはり 「何をすれば喜んでもらえるのか?」です。

ポスティングされたチラシ。新聞折込のチラシ。
ほとんどのチラシは、売り手側の目線。


「こんないいものなので、あなたにとってお得ですよ。」
と売り込みばかりです。

情報過多の今の時代では、

買い手側の目線にならないとなかなか反応をしてくれません。


買い手側の目線に近づくためには、
あなたの商品・サービスで、何をすれば喜んでもらえるのか?
何をすれば役に立てるのか?

ぜひ 考えてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。