チラシの反響を上げるためのポイント

あなたのチラシで

「弊社なら信頼と実績があり、経験豊富なのでお任せ下さい。」



アピールしたいとしてもそのままチラシに載せても
なかなか反応してくれない。ということは
何となくわかると思います。

 

直接の言葉で言われても「ふ~ん そうなのね。」と

心にはなかなか刺さりません。

そのために事例などを元に

こんなケースがあり
こんな感じで対応して
お客さんに喜んでもらった。

となれば

「私のケースだとどうなんだろ?」



興味を持ってもらえる可能性が高まります。

そういった趣旨で作られていたであろう
三井のリハウスのチラシが
新聞に折り込まれていたので紹介します。

まずはチラシをご覧ください


どうですか?

このチラシをじっくり目を通してもらえるかどうか?
どれくらいの確率で目を通してもらえるのか?

ハッキリ言って「わからないです。」

ただ

ハードの部分とソフトの部分の両方で
反響が出る確率が上がる改良点はあると思いました。

まずはハードの部分。

新聞折込よりポスティングの方が反響は出ると思います。

御存知の通り
新聞折り込みだと、同時に他のチラシもたくさん折り込まれています。

1枚1枚チェックしていく時に目を通すのに時間がかかるチラシは
あなたならどうしますか?

「それほど重要じゃない。」と判断すれば目を通さずスルーされます。
ちょっと興味があるので後でじっくり読んでみようと思ったとしても
やはり読まれず捨てられる可能性が高いです。

ポスティングなら

タイミングよく他のチラシが入っていなければ
目を通してもらえる確率は上がります。

もし、玄関先にいた人に笑顔で手渡しすれば
50%位の確率でしっかり目を通してもらえます。

さらに

不動産の売却のチラシだと

アパートやコーポ、団地などに配っても
ほぼ意味が無いので無駄が省けます。

新聞折込とポスティングの反響の差はけっこう出ると思います。

 

次にソフトの部分なのですが

こっちの方が重要です。

チラシを確認してもらうと、書き出しの言葉が
縄伸び(なわのび)となっています。

もしかしたら

チラシを考えた人は「縄伸び?」ってなんだろ?
と反応してくれるのでは?と考えたのかもしれませんが

新聞折込のチラシに目を通す時間は0.5秒と言われているので
深く考えてもらえずスルーされる可能性の方が高いと思います。

 

書き出しの部分(キャッチコピー)はかなり重要です。

キャッチコピーで目を通すかどうか決めると言っても
過言ではないと思います。

このチラシの内容を読んでみると

登記簿に記載の坪数が間違っていた。
30坪も少なく記載されていた。と書いてあります。

そのことを「縄伸び」と言うらしいのですが
そんな専門用語は知りませんし
ハッキリ言ってどうでもいいです。

キャッチコピーで伝えなくてはいけないのは
「あなたももしかしたら損をするかもしれない。」
ってことです。

書き出しの部分をたとえば

えっ??そのまま売ったら大損??
もしかしたらあなたの土地の登記簿。
間違っているかもしれません!

とかにすれば
土地を持っている方なら、

「えっ?どうゆうこと?」

となる可能性が上がります。

そうなれば文章を読んでもらえる可能性は上がりますよね?
「縄伸び 」よりも反応は良くなると思います。

参考まで