チラシの反響は〇〇がないと出ないです。

映画とは答えを見せるものではなく
考えさせるものである。
なぜなら答えは人それぞれ違うのだから。

NHKの朝ドラ「べっぴんさん」でのセリフです。
なかなかいい格言ですね。
誰の言葉なのかは解りませんが…(笑)

ではチラシではどうなのか?

チラシとは誰でもではなく、
人を選び、考えさせ、答えを伝えるものである。
なぜなら答えは人それぞれ違うのだから。

今考えた私の格言です(笑)
書きながら映画と比較するのはちょっとどうかと
思い始めるましたが続けます。(笑)

 
映画を見るのとチラシを見るのとでは
大きく違うのが「意志」の部分ですね。

映画は自分の意志でお金を払い見に行くもので
チラシは「売り手側の都合」で勝手に投げ込まれるもの。

興味のないものを勝手に投げ込まれても
迷惑なだけです。

「これってこんなにすごいんですよ!」

「安くしてしておくのでどうですか?」

「今だけですよ!」

と売り込まれても興味がないことなら
迷惑なだけです。

チラシでまずやらなくてはいけないことは
「興味を持ってもらうこと。」なのですが、

厄介なのが

人それぞれ答えが違うこと。ですよね?
ではどうすればいいのか?

ターゲットを絞ること。をオススメします。

まずはあなたの商品・サービスで何ができるのか?

あなたの商品・サービスはどんな人なら

・喜んでもらえるのか?
・悩みを解決できるのか?
・不安を解消できるのか?
・欲望を満たすことができるのか?

を考えて

ターゲットを決めて下さい。

そして

「考えさせる。」キャッチコピーを考える。

ここで躓いてしまう方も多そうですが
難しく考える必要はないです。

「これって私のことだ。」と
思わせる言葉でいいんです。

単純に

〇〇で悩んでないですか?

と問いかけるだけでいいです。

 
そして

その答えを載せる。
もしくは解決策があると思わせること。

「本当かな?」と思った人に
事例や証明できることを載せる。

「どんな人がやっているの?」と思った人に
プロフィールや仕事に対する思いなどを載せる。

「でいくらなの?」と思った人に
集客商品を載せる。
(〇〇限定やキャンペーンなど。)

「どうすればいいの?」となった人に
問い合わせアクセス方法を載せる。

こんな感じで出来上がりです。

まずは手書きでチラシを作ってみてください。
でき上がったらこちらへ⇒初回無料メール相談
私でよければ無料で添削致します。