チラシの価値

前回に引き続き

「ジャパネットたかた」の話です。

主力商品であった。AV,デジタル家電製品が

エコポイント終了後、大幅に落ち込む中

今、力を入れているのが 「ご当地商品」の通販だそうです。

日本各地には多様な文化と、産物に恵まれているが

消費者の求める情報が十分に伝わっていないため

その価値ほど売れていない。

こうした情報ギャップを埋めるのが当社の役割である。

と言っています。

「私の商品・サービスをジャパネットたかたで宣伝してくれればいいのに・・・」

ではなく、

できることはあるのではないでしょうか?

 

あなたが思っている以上に

あなたのことを知りません。

あなたの店がどこにあるのか知りません

あなたが何を扱っているか知りません

あなたの商品・サービスの良さを知りません。

チラシで「情報ギャップ」を埋めることができますよ!

 

まずは

あなたの商品・サービスの良さをできるかぎり書きだして下さい

書きだしたら、どんな人が喜んでくれるのか?考えて下さい。

その人はどうなれれば喜んでもらえるのか?嬉しいのか?考えて下さい。

そしてチラシを使いあなたのことを

私はここで、〇〇なものを、〇〇の思いでやってます。

と教えてあげて下さい。

 

ほとんどの方は、今のご商売の商品・サービスは、

「良い物」 だから始めたんだと思います。

あなたが良いと思ったものを 共感してくれる人はあなたのそばに必ずいます。

「知らないだけ」の人がたくさんいます。

あなたのことを知らないだけ。

どこにあるのか知らないだけ。

あなたの扱っている商品・サービスの良さを知らないだけ。

値段<価値観 なのを知らないだけ。

チラシで「その価値」を教えてあげましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。