チラシのヒントが転がっている場所

高度成長期に、田舎から都会へ移動して来た世代が 60代を迎え、親と孫の距離が近づいているようです。

「田舎がない。」というのは、寂しい話ですが,                                                                       ビジネスチャンスは増えてきているようです。

「盆暮れ」しか逢わない。というのと                                                                                     近所に又は、同居しているのだと 孫に費やすお金が違ってきます。

百貨店では、高価なランドセルや子供服の販売は好調だそうです。

「かわいい孫のためには、お金を惜しまない。」                                                                    それはわかるが「うちでは、ランドセルも子供服も売ってないし・・・」                                     と終わらせないで下さいね。

孫が喜ぶことは何か?

孫と一緒にできることはないのか?

親子だとどうか?

考えてみましょう。

 

不動産を例にすると

3LDKの新築マンション                                                                                                      近隣の賃貸住宅を中心にポスティング(一軒家は入れても意味が無い)                             「今の家賃と比べて下さい。」というのが主流でしたが                                                          一軒家もポスティングすることで 親が頭金を出し近所に住ませる。                                    (近所の親に子供を預け共働きできるメリットも)

今回の流れからは離れますが、                                                                                         駅から離れた一軒家を売り、駅前のマンションへの住み替え というケースが増えてきています。

サービス業であれば

3世代で来ればお得!

親子で来ればお得! とか

 

スクール、趣味系であれば

孫と一緒に〇〇できる!

孫に教える〇〇のコツ

孫が喜ぶ〇〇の方法 とか

考えればアイデアは出てくると思います。

 

全然浮かばない・・・・

 

街に繰り出してお店や人を観察してみましょう! 本屋さんにも行ってみましょう!            ヒントは転がっていますよ~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。