チラシに載せる金額はいくらまで?

今回はネスレ日本の脳トレーニングのチラシを添削してみました。

まずはご覧ください

img_20161025_095320img_20161025_095339

なかなか目立つ良いチラシだとは思いますが
あなたはどう思いますか?

もっとこうしたほうが良いとか
私だったらこうする。とかちょっと考えてみてください。
脳トレーニングです(笑)

このチラシには私が気になった点が2つありました

ひとつ目は

このチラシにはキャッチコピーがないですね。

「誰」に対してのチラシなのか?

明確にしたほうがよいと思います。

新聞折り込みだと1枚のチラシに目を通す時間は0.5秒と言われているので
一瞬の判断で「私のことだ」と思わせないとその先を見てもらえません。

ターゲットを絞る。のは大切です。

認知症が気になってくるのは60代位からでしょうか?
最近物忘れが激しくなった。人の名前が出てこない。
と感じるのはもう少し前の年齢ですかね?

それともう一つ

「載せなくてはいけないのでは?」
「いや逆に載せると引かれるのかな?」

と思ったことがあります。

さあなんでしょう?

メルマガから来た方はネタバレですね(笑)

 

答えは

どこにも金額が載っていないこと

ターゲットは「人生経験豊富なおとな」で「無料」と言われても
その後、「勧誘してくるな」と感じていると思います。

脳内トレーニングに興味を持ったとしても
「で、いくらなの?」と気になる方は少なくないと思います。

チラシには載っていませんし、WEBで確認しても解りませんでした。

さて

ここは難しいところなのですが

たとえば、月額制 で新聞代ぐらい 5,000円程度なら
金額を載せたほうが良いと思います。

「げっ高っ!」とちょっと引いてしまう金額なら金額を載せずに体験してもらって
価値を感じた人にアプローチすることになるのですが

金額を載せるのと載せないのでは

反響の差はかなり大きいと思います。
「やってみて良かったらこの金額なら続けてもいいかな?」と思っている人だけを
集客するのと「とりあえず無料なら面白そうだから応募してみよう」と思う人とは
意識が違うと思います。契約率も違ってくると思います。

値段がわからないことで興味はあるけど「どうせ高いんでしょ」と思い、
その後の勧誘がウザそうと思う人も
値段が載っていれば安心でき、応募する可能性は上がります。

まあ恐らくは、ちょっと引いてしまう金額なのかもしれませんね(笑)

参考まで

PS

キャッチコピーとサブコピーを考えてみました。
(キャッチコピー)

57歳。最近、人の名前が出てこない…

2020年 5人に1人が認知症と言われています。
あなたは「ならない。」自信と根拠はありますか?

(サブ)

自分が認知症になるかどうか?わからない…
どんな対策をすればよいのか?わからない…
一抹の不安を抱えてる…そんなあなたへ
科学的根拠のある脳トレモニター様を

「ネスカフェ」のネスレが
先着500名様限定・無料で大募集します。
※値段が5,000円程度の場合

通常月額4980円のところ
先着500名様限定・無料で大募集します。
5,000程度の金額なら値段を載せることで
お得感もでますし、安心感も出ると思います。
PPS

あなたの商品サービスが5,000円以上の場合
チラシに金額を載せたらダメなの?
と不安になってしまった方もいるかもしれませんが
一概にはそんなことはないです。

相場の認知度があるなら問題ないです。

他と比べて高いのか安いのかわからない場合は
ご相談下さいね⇒初回無料メール相談