チラシ 革命

コンビニにお客さんを奪われ外食産業は停滞しています。
そんな中、好調を維持している

「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」をご存知でしょうか?

一流のシェフを使い、高級素材を低価格で提供。

しかも場所は、銀座。

普通に考えると、ありえない。

儲かるわけないでしょ!と思いますよね?

秘密は

「立ち食い」にしたこと。

フランス料理店のイメージって、コース料理をたのみ、
一品ずつ出てきて、滞在時間が長く、客席数も少なめのところが多いですよね?

立ち食いにすることにより、スペースの拡大、回転率の速さ で
14店舗ある店で2ヶ月目からすべて黒字なんだそうです。

何年も修行した料理人からはまず出てこない発想ですよね。

仕掛け人はブックオフ創業者の坂本氏

畑違いからの視点です。

再建を託された事例でも

アップル→マクドナルドの原田氏 京セラ→JALの稲盛氏 ヒューレット・パッカード→ダイエーの樋口氏 HIS→ハウステンボスの澤田氏

畑違いからの参入で成功を収めているケースは多いです。
視点を変えることの重要性を強く感じずにはいられません。

それともう一つ

視点には、お客様目線がありますね。

韓国、中国、台湾勢に押されて 不況の続く白物家電で好調を維持しているのが

アイリスオーヤマ

「ペットの抜け毛を吸い取る掃除機」

「犬用のドライヤー」などが

大ヒットしているようです

犬山氏いわく

「国内の家電メーカーは、もの(たとえば掃除機)の観点からしか 考えていない。
アイリスでは、生活者の視点から開発を始めている。」

年内には洗濯機、冷蔵庫も投入するようなので どんなものが出てくるか楽しみですね。

ふ~んなるほどね。

と終わらせないで下さいね。

畑違いの視点 生活者の視点 を得る方法があります。

ごく簡単にできることといえば

チラシをみること
目についたチラシ、興味を得たチラシは
消費者目線で見るだけではなく、仕掛ける側はどんな意図でやっているのか?
考えてみて下さい。

よく見かけるチラシは採算があっているので続けています。
畑違いのチラシでも自分の商売で活かせることはないのか?
常に意識していけば、いいアイデアが浮かぶと思います。

明日からではなく、今日からやって下さいね。

それと

やっぱり現場で得る情報は大きいです。
自分でポスティングすることで色々なヒントが得られます。
生活者の視点を見ることも聴くこともできるんですから。

こちらから⇒初回無料メール相談

ご気軽にどうぞ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。