グレーなチラシ

「判断が難しい結果。」になってしまった、事例です。

先日のポスティングの問い合わせで、
配布数が2,000枚とのことで 「最初は自分で配ったほうがいいですよ。」と伝えたのですが、
腰に持病が有り難しいとのことで、ポスティングの依頼を受ける予定だったのですが

依頼主の親戚の姪がぜひ配らせて欲しい(ポスティング経験者らしい・・・)とのことでキャンセルを受け、
その後、結果報告を頂いたのですが・・・
2,000枚で1件の問い合わせ(成約)とのこと



チラシを変えたほうがいいのか?

そのままで数を増やした方がいいのか?

教えて欲しいとの連絡が来ました。

私が推奨している明細地図を使い1件くまなくポスティングをしていて

2,000枚で1件なら

「チラシを変えてみましょう。」とアドバイスできるのですが

聴いたところによると 世帯数に対するカバー率は7割程度とのこと
(2800世帯ある所に2000枚の配布)

あいたたた~です。

逆に

配りやすい集合住宅だけにポスティングして2000枚で1件の反響と言うのなら
細かく配ればもっと反響が出ると思うので、もう一度同じチラシを配り試してみましょう。
とも言えるのですが・・・

きっちり配ればもっと反響がでるチラシなのか?

それとも2,000枚で1件のチラシなのか判断がつきません。

100%のポスティングと70%のポスティング何が違うのか?

配りやすいポストにはたくさんのチラシが入っているため

目を通してもらう確率が低い。

一瞬の判断で、必要か?必要でないか判断(0.5秒と言われています。)でゴミ箱へ

余談ですが

ポスティング会社にはこんなクレームが来ます。

「おたくのせいで、必要な書類を捨ててしまった。どうしてくれるの」と

んっ?

意味がわからないですよね?

駅前の大型マンションや団地などではたくさんのチラシが入っているため

チラシと一緒に必要な書類を捨ててしまった。= チラシを配るおたくらが悪い。

極端な例かも知れませんがこんな方もいるのです。

他のポスティング会社が抜けてしまう 30%

(2,000世帯中600件)にもポスティング

普段チラシが入っていないポストだと

「なにこれ?」と必要かどうかキッチリ判断してもらえます。

この差が非常に大きいのです。

100%(投函禁止以外)キッチリ配ることで

大手宅配すし 全国1位

大手ファミレスデリバリー全国1位

「住所以外まったく同じチラシで」ですよ。

あなたも地域NO1はイケると思います。

話を戻します。

一番判断が難しい中途半端な結果。

値段でポスティング会社を選ぶと、たいていこんな結果になります。

それでも費用対効果がでればいいと思うのですが

あなたも気を付けて下さいね。

まずはお金をかけずに2,000枚のチラシを作り

明細地図コピーして、

自分で1件くまなくポスティング。

効果測定をして検証してチラシを作り替え

500枚で1件の反響が出るチラシを作り上げる。

それからチラシの数を増やして行きましょうね。

PS

今回の話 チラシを変更し、依頼を受ける予定です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。