アマゾンでは「売ってあーげない」

「アマゾンエフェクト」って言葉ご存知でしょうか?

日本以上にアメリカではネット通販で商品を購入する人が多く、
百貨店やショッピングモールが閉鎖に追い込まれ

「いずれアマゾンンがすべてを飲み込んでしまう。」という
意味合いだそうです。

ナイキなどの大手ブランドもアマゾンに相次いで出店。
アマゾンの存在感は半端ないです。

いずれ日本もアマゾンに飲み込まれてしまう可能性は高いようです。

そんな中

ファーストリテイリングの柳井会長が
ニューヨークで開いた会見で

「ユニクロの商品はアマゾンでは売らない。」
方針を表明したとのこと。

 

専門性を極めることで
アマゾンに対抗するそうです。

 

アマゾンでは買えないユニクロ。

果たしてメリットの方が大きいのでしょうか?

 

ネット通販(衣料品)のデメリットと言えば

・思っていたのと違った。
・サイズが合わなかった。

この部分だと思うのですが、

ヒートテックなどのインナーや
軽量ダウンなどの普段着がメインのユニクロなら
ある程度イメージ通りの商品が届く安心感があるので
注文しやすい部類に入ると思います。

長い物には巻かれろ。ってことで
アマゾンでも買えた方がいい気がするのですが

凡人の私にはわからない先のことを考えている
のかもしれませんね。

 

さて

アマゾンの脅威(ネット通販)は
私たちの商売も脅かされてきています。

指をくわえているだけだと
いずれ淘汰されてしまいます。

私の業界では一番の煽りを受けてしまったのが
中小の印刷会社です。取引先の多くが無くなってしまいました。
「ただ刷るだけ」なら「安さ・速さ」が決め手になり、
ネット印刷の方が安くて速いとなれば対抗できません。

悲しいことに
独自性・専門性を出し、「反響が出るチラシ」を作れたとしても
印刷機械の維持費、紙や塗料の仕入れ代などを考えると
自前で刷るより、外注した方が利益も出て、リスクを減らせたりします。
こうなってしまうと印刷機械は必要なくなり、
印刷会社ではなく、チラシ制作会社です。

さてさて

あなたが今の商売で
生き残るためにできることはなんでしょう?

ネット通販・ネット広告に力を入れることでしょうか?

できるならやった方が良いですが
お金も、時間も、知識も必要になってきます。

チラシなら手軽にお金もかけずに始められますよ。

チラシに可能性を少しでも感じてもらえたなら
ぜひこのブログを読み漁って下さいね。

直接相談したい方はコチラへ
初回無料メール相談