このチラシは反響が出ると思います。

明日は節分ですね。

私が子供の頃は節分に恵方巻を食べる習慣はなかったです。

いつ頃から流行ってきたのかウキペで調べてみたら
セブン-イレブンが平成10年に全国販売したあたりから
全国に浸透したらしいです。

元会長の鈴木氏が考えたんですかね?
なかなかやります。

今回の気になったチラシは
本家?のイトーヨーカドーではなく
西友のチラシです。


どうですか?

よくできたチラシだと思います。

スーパーや量販店だけに許される。

「オトクな商品をたくさん載せる。」のではなく
恵方巻きに特化したチラシになっています。
※裏にはオトクな商品載せています。

実に解りやすいです。

「集客商品の 398円 」をどんと載せ

「もう少し良い物」をという方にはコレ。

「こだわって作ってますよ。」 と伝え、

「手巻き派」の方はコレ。

豆と鬼のお面も忘れずに

素晴らしいです。

 

さて

何度か伝えてきまいたが

宣伝したい商品・サービスをゴチャゴチャ載せる。
コレをやっていいのはスーパーや量販店だけ!

あなたがチラシを作る場合

あれもこれもと商品・サービスを載せると
反響は落ちてしまいます。

反響の出るチラシの大部分を締めるのは「わかりやすさ」です
じゃあどんなふうに作ればいいの?

以前に書いた記事ですが
こちらを参考にして下さい。⇒ 情報量はチラシでも多い方がいいのか?         とあるスポーツクラブをディスってます。(笑)