このチラシいいね!

久しぶりに「このチラシいいね!」というものが 新聞折込に入ってました。 ブログで、以前別のもので紹介したことがある 新聞販売店のチラシです。

新聞の拡張ではなく、物販です。

9月1日は防災の日。 「備えあれば憂いなし」万が一に備えましょう!

5年間保存できるパン 「ファイブ・スリーフォー・ブレット」

商品説明には、 大変口どけのいい食感になっています。とあり

ご愛読者様特別価格 50セット限定 品切れの際はご容赦下さい。

それともう一品 復興支援! 宮城 牛たんカレー、牛たんシチュー 申し込み締め切り日9月7日 お届けは9月中旬

箇条書きなのでわかりづらいかもしれませんが ポイントをしっかり抑えたチラシに出来上がっています。

広告の勉強をかなり積んでいるのか?

天性のセンスなのか?

聞いてみたいトコロです。

補足で解説していきますと

防災の日という季語?が入っていて 「そうか」「そうだな」と考えてしまい 行動を促さられる。

「5年間保存できるパン」 これは圧倒的な商品力ですね~

「ファイブ・スリーフォー・ブレット」 このネーミングは意味がよくわからないのですが、 販売者からするとどうしょうもないです(汗)

口どけのいい食感。 5年も保存できるパンだと、なんだか硬くて、 パサパサしてそうだと感じますよね。 しっかり「ネックになる部分」を抑えています。

限定性

ご愛読者限定/数量の限定/期日限定 しっかり「特別感」「煽り」が入っています。

※意地の悪い話しますと、多分ですが、納品が2週間後になっているので、 注文が入ってから取り寄せるのではないでしょうか? そうしておけば、在庫を抱えるリスクが無いですからね。

素直に 「注文が入ってから発注しますので、お届けは9月中旬になります。」 なんて書いてしまったら、「時間がかかるなら止めとこ」と思う人がでてきてしまいます。

お届けは9月中旬 とだけ書いてあれば、 「そういうもの」と判断し、深く考る人は少ないです。 「50個限定」という部分も使えなくなってしまいます。

復興支援! これもいいですよね。 「それなら買ってみようかな。」「じゃあ買ってあげようかな。」 と思う人も多いのではないでしょうか?

 

これからは宅配の時代が来る。

あなたが、地域密着でご商売をしていて、 きっちりポステイングをしているのなら 「このような形のチラシ」を一緒に配る。のも面白そうです。

エリアを限定し、日時をこちら側で決められれば、 配送に関わるコストも時間も抑えられます。

それと「直接渡す。」ことになるので、 あなたの本来の商売を知ってもらうチャンスも得られますし 注文してくれた方限定のチラシを渡すこともできますね。

「チラシ作りのヒント」の話のはずが少しずれてしまいました。

もう一度読み直してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。